• ホーム
  • 映画
  • 斎藤工、シャーロック・ホームズ姿を披露 衣装合わせは「愕然とした」

斎藤工、シャーロック・ホームズ姿を披露 衣装合わせは「愕然とした」

 俳優の斎藤工のシャーロック・ホームズ姿が公開された。綾瀬はるかが“妄想女子”主人公を演じる『高台家の人々』(6月4日公開)で、ホームズのほか、タキシード姿での結婚式、FBIエージェントとしての殺し屋との決闘など、さまざまな妄想シーンに登場する。撮影現場で斎藤は、その衣装合わせに毎回4時間ほどかかることに「愕然とした」としながらも、「それだけこの作品におけるストロングポイントになっています」と語った。

 この日公開された斎藤のメイキング映像では、高台家のお屋敷での撮影時に綾瀬とあだ名をつけあったりしながら爆笑する様子、塚地武雅演じる殺し屋との対決シーンなど、主人公が繰り広げる妄想でいろいろな役姿に扮する斉藤の撮影裏側の素顔が映し出されている。

 人気少女漫画を実写化する同作は、口下手で不器用な“妄想好き”女子(綾瀬)と、人の心が読める“テレパス”能力を持つイケメンエリート(斎藤)の奇想天外なラブコメディ。斎藤は「いい意味で原作に対抗するといいますか、妄想シーンを軸に実写ならではのシーンがたくさん生み出されたと思います。人間の本質や本音を伝える時代に合った作品になっていて、日本語がわからない国の方が観ても、すごく伝わると思います。この作品に参加できたことを誇らしく思います」とコメントしている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス