• ホーム
  • 芸能
  • ふなっしー、北海道のローカルフードをプロデュース

ふなっしー、北海道のローカルフードをプロデュース

 千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーが、22日放送のTBS系HBC北海道放送製作の『それ行け!北海道物産展 全国から世界へ飛びたつ北のグルメ』(後4:00)に出演する。ふなっしーは北海道の謎のローカルフード『クマヤキ』のプロデュースに挑戦する。

 同番組は、国内・海外でも評判の百貨店イベント『北海道物産展』の人気ぶりと、それを支える生産者の苦労と努力、バイヤーたちの手腕によって広く知れ渡った人気商品の秘話などを紹介するグルメエンターテインメント。クマヤキとは、北海道北見市の近く、人口5000人ほどの小さな町・津別町で町民に親しまれている、クマの形をしたタイ焼きのようなスイーツだ。

 今回、ふなっしーは船橋市の特産“梨”を使ったクマヤキを、船橋市内の菓子店「菓子工房アントレ」のシェフ・高木康裕さんとともに製品開発する。実は船橋市と津別町には約30年におよぶ友好関係があり、ふたつの街の子どもたちは、毎年交互に相手の街を訪れてホームステイをするなどの交流を続けている。津別町を訪れたふなっしーは「子どもたちの笑顔が最高! かわいかったなっしー。津別の人たちはお友達なっしー!」と喜んでいた。

 26日より東武百貨店船橋店の地下食品売場にて販売される。



関連写真

  • 22日放送のTBS系HBC北海道放送製作の『それ行け!北海道物産展 全国から世界へ飛びたつ北のグルメ』(後4:00)に出演するふなっしー (C)TBS
  • ふなっしーがプロデュースする北海道のローカルフード・クマヤキ (C)TBS

オリコントピックス