• ホーム
  • 芸能
  • 日本版『コールドケース』特報映像解禁 本家の吹き替え声優も特別参加

日本版『コールドケース』特報映像解禁 本家の吹き替え声優も特別参加

 WOWOW開局25周年記念ドラマ第2弾として企画された米国の人気ドラマ『コールドケース』の日本版『コールドケース 〜真実の扉〜』(10月スタート、全10話)の特報映像が19日、解禁された。日本版の舞台となる壮大な横浜の空撮映像から始まり、ナレーションで米オリジナル版の主人公リリー・ラッシュの吹き替え声優・田中敦子が特別参加している。日本版キャストの情報が一切出ていない中、今回の特報では主人公となる女性の後姿が映るのみ。一体誰が演じるのか、発表が待たれる。

 オリジナルの『コールドケース』は、2003年から10年まで、全7シーズンにわたって米国の3大ネットワークの一つ、CBSで放送された刑事ドラマシリーズ。ペンシルベニア州のフィラデルフィアを舞台に、未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を解決する捜査チームを描く。未解決事件が起きた当時のヒット曲を劇中で使用する演出手法が視聴者から高い支持を得て、本国では全シリーズの平均視聴者数が1000万人を超える大ヒット作となった。

 日本版でも主人公の刑事とそのチームのメンバーが、毎話異なる未解決事件の真相をたどり、事件を解決してゆく。全10話のメガホンを取るのは、『SP』シリーズを手がけた、ダイナミックさと繊細さを併せ持つ演出に定評のある波多野貴文監督。時代や設定に応じてカメラやレンズを使い分けるなど、今回の特報からもその片鱗がうかがえる。

■特設サイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase/

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス