• ホーム
  • 映画
  • 『ベン・ハー』2017年日本公開 予告編公開

『ベン・ハー』2017年日本公開 予告編公開

 ルー・ウォーレスによる小説をウィリアム・ワイラー監督、チャールトン・ヘストン主演で映画化した『ベン・ハー』(1959年)。新たなキャスト、監督を迎えて再映像化した『ベン・ハー』が、2017年に日本公開することが決定した。迫力ある映像、壮大な世界観に期待が高まる第1弾予告編が17日、公開された。

 本作は、古代ローマ帝国の圧政とキリストの死を背景に、ユダヤの豪族の息子、ベン・ハーの数奇な運命を描いた歴史スペクタクル映画。製作期間6年、製作費用54億円を費やした1959年の『ベン・ハー』は、アカデミー賞で作品賞、監督賞をはじめとする11冠を達成。この記録は、『タイタニック』、『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』に並ばれるもいまだ抜かれていない。

 『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフが監督を務め、脚本はアカデミー賞脚色賞を受賞した『それでも夜は明ける』のジョン・リドリーと、キース・クラークが担当する。

 主演には『アフリカの女王』『荒馬と女』で著名なジョン・ヒューストンが祖父でもある、『アメリカン・ハッスル』のジャック・ヒューストンを抜てきし、宿敵のメッサラをトビー・ケベルが演じるほか、モーガン・フリーマン、ロドリゴ・サントロらが共演する。

 予告編は、奴隷たちを乗せた船が大海原を進むなか、突然の襲撃により転覆、足を鎖につながれたまま船から放り出される臨場感あふれるシーンから始まる。一命を取り留め、とある島にひとりの男が漂流する。その男の名は、ベン・ハー。エルサレム地区の名家に生まれたベン・ハーは、義兄弟であったメッサラの裏切りにより奴隷となるが、復讐を誓い、競技場でメッサラと宿命の対決に挑む。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス