• ホーム
  • 芸能
  • 乳がん公表の生稲晃子、副作用に悩み「汗で突然起こされる」

乳がん公表の生稲晃子、副作用に悩み「汗で突然起こされる」

 女優の生稲晃子(48)が17日、都内で行われた『右胸にありがとう そして さようなら』(光文社)出版記念講演会前の囲み取材に出席した。昨年11月に2011年から4年8ヶ月におよぶ、がん闘病と乳房再建を初告白した生稲は、昨年10月に乳房再建手術を受けるまで、合計5度の手術を乗り越え「今はなにもない状況。再建までしていただいて、胸の中に残ったがんはない」と改めて報告した。

 しかし、現在は再発を抑制するため女性ホルモンを減らす薬を服用しており、会見中はハンカチで何度も顔の汗をぬぐい「私が暑がりというのもあるんですが、ホットフラッシュといって、薬の副作用で汗がばっと出てしまうんです」と説明。「最近は毎朝、汗で突然、起こされる。寝ていても起きていても、更年期と同じ症状で、こうやって状況が変わるとそれに慣れるまで汗が出て。これがやっかいなんです」とありのままを明かした。

 副作用に悩まされながらも公表したことで「自分が一番ラクになれた」という生稲。「例えばホットフラッシュでは汗が毛穴という毛穴から吹き出す。こういうのも公表する前は言えなかった。仕事中もどうしていいかわからず、まわりはびっくりしちゃう」と振り返りつつ「今は、治療中だからと皆さんに正直にお話できるので生きていて楽になったんです」と前向きに明かした。

 著書では闘病中につけていた日記の文章を抜粋し4年8ヶ月を順を追って構成。「同じ病でつらい思いをしている人に、私も同じだったと伝えたい。みんな一人じゃない。私も皆さんの励ましのメッセージに励まされたので、同じ病の人だけでなく、いろいろな状況でつらい思いをしている方が、私の文章のどこかで、ラクになれたと思っていただけたら」と呼びかけていた。



関連写真

  • がん闘病と乳房再建を経て現状を報告した生稲晃子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『右胸にありがとう そして さようなら』出版記念講演会前の囲み取材に出席した生稲晃子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス