• ホーム
  • 映画
  • 高畑充希、神山健治監督最新作で主人公声優 岡山弁に挑戦

高畑充希、神山健治監督最新作で主人公声優 岡山弁に挑戦

 NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロイン・常子を演じる女優の高畑充希が、神山健治監督の新作アニメーション映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』(2017年放送)の主人公、森川ココネの声優に決定した。本編に先駆けてわずかなシーンのアフレコを行い、特報映像も解禁となった。

 これまでテレビアニメに2度出演経験のある高畑だが、アニメ映画は初挑戦。今回のオファーについて高畑は「声優はこれまで2度やらせていただいたことがあるのですが、表情は自分じゃないのでとても難しいです。私は自分の声はクセが強いように感じているので、声優としてオファーを受けた時はうれしかった半面『私でいいんだろうか』とも思いました。でも、神山監督が丁寧にキャラクターを伝えてくださったので、できるだけ監督のイメージに合うように、何度でもトライしたいと思います」と意気込みを語っている。

 同作は、『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』などの作品で知られる神山監督が描く、父と娘の感動ストーリー。岡山県倉敷市児島を舞台としており、高畑は岡山弁を披露することになる。「今年だけで3つめの方言の役です(笑)。方言は難しいですね。岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」と高畑。1月期にフジテレビ系で放送された『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』では福岡から上京してきた女性を演じ、『とと姉ちゃん』の常子は遠州弁で「どうしたもんじゃろのう」が口癖。

 自身の声が入った特報を観て「ココネちゃんはみんなが愛せる、“かわいすぎない”キャラクターで親近感があります。舞台となる岡山の風景も美しくて、行ってみたくなりました」と話していた。

 美しいピアノの旋律と、気持ちよさそうに眠る女の子の映像で始まる特報映像から、ココネが大体どんな女の子なのかが伺える。彼女は瀬戸大橋のふもと、岡山県倉敷市児島で自動車整備工を営む父親と二人暮らしをしている女子高生。カメラが引いていくとそこは教室、そしてとなりには先生が立って彼女を叱っている。授業中に居眠りをしてしまった彼女はみんなの笑いものだ。所かまわず昼寝ばかりの彼女だが、最近いつも同じ夢を見ていることに気づく。

 南京錠で閉じられたドレスをまとった女の子、動くぬいぐるみ、近未来を思わせる都市に築かれた巨大建築物、そして変形ロボット…脈絡なく現れるそれらの映像に続いて、亡き人を偲ぶ父親の姿。これは現実なのか夢なのか。ココネの成長過程を記録した写真、何かを見つめ涙ぐむココネ、カメラに向かって走ってくる謎の女の子。最後は、畳の上に放っておかれたぬいぐるみ。窮屈で、でもどこか温かいその夢は、彼女の知らない家族の秘密に繋がっていく。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス