• ホーム
  • 芸能
  • 『勇者ヨシヒコ』第3弾撮影開始早々に手応え ボケと突っ込み「いつもどおり」

『勇者ヨシヒコ』第3弾撮影開始早々に手応え ボケと突っ込み「いつもどおり」

 俳優・山田孝之が主演する低予算冒険活劇シリーズ第3弾『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(年内放送予定 テレビ東京系)の撮影が、山形県内でスタートした。主演の山田孝之は「4年経っていても、その時間が一気にパッと無くなり、連携具合というか、ボケと突っ込みとかがいつもどおりの感じで始まりました」とコメント。そして「今回しっかりと時間を取って準備ができたので上手く進んでいます」といままで以上の手応えを語っている。

 先月、東京・新宿アルタ前に「ヨシヒコ馬車」が登場し、4年ぶりの続編決定が発表されると、SNSでも爆発的な盛り上がりを見せ、かつてない期待感に満ちた勇者ヨシヒコの最新作。第1弾、第2弾と同じ山形での撮影も快調に進んでいる様子を、山田をはじめキャスト陣が伝えている。

 山田は「勇者ヨシヒコは過去2作品もそうですけど、盗賊だったりゲストだったりいろんな所で、よく出演してくれたなっていうような方々がいっぱい出てきてくれますし、今回は『勇者ヨシヒコ』という世界観の中でカブせるネタはカブせたり、また新たな事をやったり、プロデューサー陣が皆、頭を抱えるような事を台本でどんどん入れていったりして(笑)。でもそういうのがどんどんクリアになっていっているので、これはどんどん面白くなるなって思っています」と自信をみなぎらせた。

 ムラサキ役の木南晴夏は「プライベートでもほぼほぼ皆に何年も会ってなかったので大丈夫かなって不安だったんですけど、初日の最初の2時間くらいで慣れました」。メレブ役のムロツヨシ、仏役の佐藤二朗、ダンジョー役の宅麻伸も健在。「宅麻さんも含めて、木南と隣で目を合わせて『大丈夫だな、コレ』って」(ムロ)と4年間のブランクも問題なし。木南は「なんか期待されすぎると怖いけど、でもその期待に応えられるくらい今回もとっても面白くなってると思います」とコメントしている。

 福田雄一監督は「実に4年ぶりとなるヨシヒコですが、山田くんとムロくんとはプライベートでもちょいちょい会っていたし、タイミングを待っていた感じです。庄内に来て、僕の印象は『懐かしい』というより、つい最近も来てた感覚でした。ヨシヒコ一行のお芝居もずっとやってきた感じで。ゲストの俳優さんが来て『うわ!本物だ!』って言ってくれると、なんだか年月を感じますが。この前、撮影終わりで山田くんが焼肉食べながら『面白いシーン撮って美味い山形牛食って!最高ですね!』って言ってたのが、とても幸せでした」と話していた。

■「勇者ヨシヒコ」とは…
第1弾『勇者ヨシヒコと魔王の城』(2011年7月期)
 この国がすべて深い森に覆われていた、いにしえの時代…真面目で純粋な若者・ヨシヒコは勇者に選ばれ、村を救うため旅に出でた。そしてヨシヒコは、奇妙な仲間に出会っていく…。呪文を得意とするメレブ、戦士ダンジョー、村の娘ムラサキ、勇者を導く仏。幾多の戦いの末、仲間たちと魔王討伐を果たしたのだった。

第2弾『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』(2012年10月期)
 魔王が倒されてから百年の年月が流れ、世界は再び魔物たちの封印が何者かによって解かれ、世は魔物がはびこる時代となってしまった。民は思い出す。かつて魔王を倒したヨシヒコという名の勇者の存在を…。しかし、ヨシヒコはとっくの昔にこの世を去り、その血を継ぐ者も存在しなかった。そこに仏が天高く現れ、その慈悲の光を下界に投げかけ勇者ヨシヒコたちを蘇らせる。彼らに悪霊封印の鍵を探し世界に平和をとり戻せと告げたのだった。

第3弾『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(2016年放送)
 勇者ヨシヒコが暗黒の神デスタークとの壮絶な闘いに勝利し、世界を救ってから数百年後…。世界は再び暗黒の時代に変わり果てていた。仏の力で蘇ったヨシヒコ一行は世界を巡る旅に出る。果たしてヨシヒコたちは、再び世界を救うことができるのか。



オリコントピックス