• ホーム
  • 芸能
  • 東山紀之、蜷川幸雄さんに精進誓う「天国でダメ出しして」

東山紀之、蜷川幸雄さんに精進誓う「天国でダメ出しして」

 俳優の東山紀之が、TBSで今夏放送予定のドラマ特別企画『ふつうが一番−作家・藤沢周平父の一言−』への出演決定の発表に際し、世界的な演出家で、今月12日に亡くなった蜷川幸雄さん(享年80)への追悼コメントを寄せた。

 同ドラマは、『渡る世間は鬼ばかり』の石井ふく子氏のプロデュースで、直木賞作家・藤沢周平氏の半生を、東山主演、松たか子との初共演で描く。

 「蜷川さんは僕の作品を本当によく見ていてくれていて『あれ見たよ、良かったよ』というような言葉をかけてくださいました」と東山。初共演する松とも蜷川さんについて語り合ったといい、「『ふつうが一番』で演じる藤沢周平先生の役もきっと喜んでくださっていると思いますし、天国でダメ出ししながら見てくださると思いますので、これからは今まで以上に全てに真摯(しんし)に向き合い、気を引き締めて邁進していきたいと思います」と、蜷川さんに語りかけた。

 「蜷川さんから『ヒガシ、おまえ情緒がないんだよ、情緒が…』と言われたのを強く覚えています。舞台で演じた役柄が死に向かうときの芝居で言われた言葉ですが、それ以降はどんな作品に向き合うときも『情緒とは?』ということを考えて演じるようにしています。これからも蜷川さんに残していただいた言葉をヒントにさらに励みたいと思います」。

 蜷川さんと親交の深かったジャニー喜多川氏率いるジャニーズ事務所の一員として「僕らはますます学んで、どうやったらお客さんに喜んでいただけるか?ということを常に探し続けることが使命だと思っています。その使命に気付かせていただいた方が蜷川さんだと思うので、これからもずっとその使命を貫くことを大事にしていきたいと思います」と誓いを立てていた。



オリコントピックス