• ホーム
  • 芸能
  • 指原莉乃、初めての事態に号泣「守ってくれてると思って…」

指原莉乃、初めての事態に号泣「守ってくれてると思って…」

 アイドルグループ・HKT48指原莉乃が、16日放送の日本テレビ系『しゃべくり007 2時間スペシャル』に出演。自身が「ブス」か「ブスじゃない」かについて世間の声を聞くコーナーで、涙が止まらなくなる一幕があった。

 番組では、指原が「ブス派」と「ブスじゃない派」の世間の声を紹介し、レギュラーメンバーの有田哲平、ネプチューン、チュートリアルが双方に分かれて議論することに。「ブス派」の堀内健が、役として「体が受け付けない」「こっち向くなブス!」と厳しい言葉を投げかけると、観覧客からブーイングが起こり、指原が泣き出す事態に。

 スタジオが騒然とする中、指原は「ブスって言われたことじゃなくて、お客さんが『エーッ!』って言ってくれて、守ってくれてると思って」と泣いた理由を説明。「普段からブスって言われる企画は慣れてるけど、お客さんが守ってくれるのが初めてで…」と、涙をぬぐいながら観覧客に感謝した。

 放送後、元AKB48の篠田麻里子が自身のツイッターで「見たよ かわいかったよさっしー」とつぶやくと、指原も「やさしい ありがとうございます」と先輩の心遣いにお礼の言葉を述べた。



オリコントピックス