• ホーム
  • 芸能
  • SMAP・稲垣吾郎、猫にデレデレ 『芸能人ねこ自慢グランプリ』司会に挑戦

SMAP・稲垣吾郎、猫にデレデレ 『芸能人ねこ自慢グランプリ』司会に挑戦

 「ネコノミクス」なんて言葉も生まれ、高い経済効果をもたらしている昨今の猫ブーム。芸能界にも猫好きは多く、そんな人たちを集めた特番『SMAP×SMAPプレゼンツ 「やっぱり猫が好きすぎて…」〜芸能人ねこ自慢グランプリ〜』がフジテレビ系で23日(後10:00〜10:54)に放送される。

【写真】その他の写真を見る


 “自分の猫が世界一!”と思って疑わない芸能人たちが自ら「これぞかわいいベストショットVTR」を撮影、「芸能人キングオブザキャット」を決定する番組。映像を見て司会とスタジオゲストが猫の魅力、インパクトの強さによってニャーボタンを押し、獲得「ニャーポイント」が最も多かった猫が見事グランプリに輝く。

 司会は稲垣吾郎(SMAP)と田中裕二爆笑問題)。スタジオゲストは、大杉漣大地真央指原莉乃HKT48)、佐藤健つるの剛士室井滋(50音順)。

 実は20歳くらいから15年ほど猫を飼っていたという稲垣は「(この番組の放送後)ほかのメンバーのリアクションが怖いですね」と心配になるほど、猫に対してデレまくり。田中も「これだけかわいい! かわいい! って言い続けられる番組はないです」というほど、かわいい猫の映像と猫好きのゆるみきった笑顔満載の1時間となる。

 ゲストの大地は飼っている7匹の猫をそれぞれ個性的な名前とともに紹介。佐藤は生まれた時から実家を出るまではずっと猫が家族一員だった。室井は5匹飼っており、めざまし時計で起きない自分を起こしてくれる猫たちの様子を撮影、グランプリにエントリーする。大杉は猫より犬が好きと思っていたが8年前に映画である猫との出会いがあり、そこですっかり猫にのめりこんでしまったそう。つるのもずっと猫を飼い続けており、今回のグランプリにも自ら撮影した映像でエントリーしている。指原は昨秋から飼い始めたばかり。メンバーの中でも飼っている人が多く影響を受けたという。

 スタジオにはCMで大人気の猫、春馬くんや映画で大ブレークしたあなごちゃんが登場。猫好きの間ではその名を知らない人がいないと言われるカリスマ猫カメラマン、岩合光昭氏も出演し、目線を下げる、ゆっくり動く、ほめまくるなど、猫をかわいく撮影するためのコツを紹介する。



関連写真

  • P00002133320『SMAP×SMAPプレゼンツ「やっぱり猫が好きすぎて…」〜芸能人ねこ自慢グランプリ〜』フジテレビ系で5月23日放送
  • かわいい猫の映像を見て猫好きスタジオゲストの顔はゆるみっぱなし
  • 猫を見ているだけで何時間あっても飽きない様子
  • 『SMAP×SMAPプレゼンツ「やっぱり猫が好きすぎて…」〜芸能人ねこ自慢グランプリ〜』フジテレビ系で5月23日放送

オリコントピックス