• ホーム
  • 芸能
  • 押切もえ、受賞逃すもファンに感謝「とても晴れやかな気持ち」

押切もえ、受賞逃すもファンに感謝「とても晴れやかな気持ち」

 モデルの押切もえが16日、自身のツイッターとブログを更新。この日に発表された『第29回山本周五郎賞』の候補に入りながら、僅差で受賞を逃したが、応援してくれたファンに感謝し「とても晴れやかな気持ち」と心境を打ち明けた。

 押切は今年出版した2冊目の小説『永遠と違う一日』が、『山本周五郎賞』の候補5作に選出。この日に行われた選考会で、受賞した湊かなえ氏の『ユートピア』と「0.5点差」(選考委員の佐々木譲氏の説明)という僅かな差で受賞を逃したが、「これだけ才能がある方なので、次の作品も楽しみにしています。特に長編を読んでみたいという声が多かった」と高い評価を得ていた。

 賞の発表直後、押切は「最後まで候補に残ったと聞き、とても嬉しかったです。お褒めのお言葉に胸を打たれ、とても晴れやかな気持ちです」とツイート。「応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます!」とファンに感謝し、「これからも頑張りますね!」とつぶやいた。

 その後に更新したブログでも、「最後まで賞の候補に残ることができ、とても嬉しかったです! 審査員の方々のありがたいお言葉にも心を打たれました」と胸の内を明かし、「この後は、原稿の宿題に取りかかります。熱が入る…」と思いをつづった。

 押切は2009年にエッセイ本『モデル失格〜幸せになるためのアティチュード』を出版、13年には小説『浅き夢見し』を上梓した。今回、候補になった『永遠と違う一日』は、文芸誌『小説新潮』に1年にわたって掲載された6本の短編が1つのストーリーに連なっていく物語。押切にとって初めて文芸誌に発表した小説となる。



オリコントピックス