• ホーム
  • 芸能
  • 『山本周五郎賞』は湊かなえ氏『ユートピア』 押切もえ“僅差”で受賞ならず

『山本周五郎賞』は湊かなえ氏『ユートピア』 押切もえ“僅差”で受賞ならず

 新潮文芸振興会は16日、都内ホテルで『第29回三島由紀夫賞』および『山本周五郎賞』の選考会を開催し、『山本周五郎賞』受賞作に湊かなえ氏の『ユートピア』を選出した。注目されていたモデル・押切もえの『永遠とは違う一日』は、”僅差”で受賞はならなかった。

【写真】その他の写真を見る


 湊氏は『母性』で2013年の第26回、『絶唱』で15年の第28回同賞の候補に上がっており、三度目のノミネートで受賞。選考委員の佐々木譲氏は「湊さんはとにかくストーリー展開がうまい。毎年言われている。今回もそのうまさが何より評価された」と評価する一方で、押切の候補作『永遠とは違う一日』と僅差だったことを明かした。

 佐々木氏は押切の作品を「大変有力な候補」といい、「おしゃれな業界の話をおしゃれに描いただけの作品ではなく、きちんとした文学作品になっている。巧みな構成。2作目でこれだけのものは大変ことだ」と絶賛。ダブル受賞の可能性はあったが「どうしてもどちらかに」との意向で、僅差で押切よりも得点が高かった湊氏の作品に決まった。

 同賞は、すぐれて物語性を有する新しい文芸作品に贈られるもので、1987年に創設。今回は、15年4月から16年3月までに発表された作品が選考対象となっている。

 なお、候補作は以下の通り(敬称略)

■「山本周五郎賞」候補作
湊かなえ『ユートピア』(集英社)
中田永一『私は存在が空気』(祥伝社)
相場英雄『ガラパゴス』(小学館)
宮内悠介『アメリカ最後の実験』(新潮社)
押切もえ『永遠とは違う一日』(新潮社)



関連写真

  • 『ユートピア』で『第29回山本周五郎賞』を受賞した湊かなえ 氏(C)ORICON NewS inc.
  • 選考委員の佐々木譲氏が選考理由を説明 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第29回山本周五郎賞』は湊かなえ氏の『ユートピア』が受賞 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ユートピア』で『第29回山本周五郎賞』は受賞した湊かなえ 氏(C)ORICON NewS inc.
  • 『ユートピア』で『第29回山本周五郎賞』を受賞した湊かなえ 氏(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス