• ホーム
  • グルメ
  • ユニークな新ラジオCM “おいしいコーヒーを淹れる音”を声で表現

ユニークな新ラジオCM “おいしいコーヒーを淹れる音”を声で表現

 ニッポン放送は、“思わずコーヒーを飲みたくなる究極の音”「ワンダー サウンド(WONDER SOUND)」を収めた 60秒のラジオCMを、17日からオンエアする。これは、アサヒ飲料の新商品、老舗「丸福珈琲店」監修のボトル缶コーヒー『ワンダ 極(きわみ)ブラック』の新CMで、“音のプロ”たちが集結して制作。2つのバージョンがあり、そのうちのひとつは“音の魔術師”の異名を持つ笠松広司氏が、ボイスエフェクトでドリップコーヒーを淹れる音を再現したユニークな作品となっている。

【写真】その他の写真を見る


 「ワンダー サウンド」は、おいしいコーヒーが注がれるまでの一連の流れを音だけで表現したもの。放送される2バージョンのうち1つ目は、“音だけで伝える”ことを日々追求している音のプロ、ラジオ番組制作スタッフが手がけた。リスナーがCMを聴いたとき、“落ち着いた雰囲気の喫茶店で最高のコーヒーがドリップされている様子”が頭に思い浮かぶような、音にこだわり抜いたCMに仕上がっている。

 2つ目は、“音の魔術師”と呼ばれる笠松氏が、口で効果音をつくる“ボイスエフェクト”でコーヒーを淹れる音を再現したもの。数々のアニメや映画の音響効果を担当する同氏の技は、本物と聴き間違えてしまうほどのクオリティだ。

 特設サイト(www.1242.com/radio/wonda/)では、笠松氏がどのようにボイスエフェクトを生み出しているのか、その様子を収めた限定ムービーを公開。“音の魔術師”のボイスエフェクトの技を観ることができる。



関連写真

  • 「ワンダ 極 ブラック」の新ラジオCM:口で効果音をつくる“音の魔術師”、笠松広司氏のレコーディングの様子 (C)oricon ME inc.
  • 口で効果音をつくる“音の魔術師”、笠松広司氏のレコーディングの様子 (C)oricon ME inc.
  • 口で効果音をつくる“音の魔術師”笠松広司氏 (C)oricon ME inc.
  • 口で効果音をつくる“音の魔術師”、笠松広司氏のレコーディングの様子 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス