• ホーム
  • スポーツ
  • 中田英寿氏、ゴルフの魅力に開眼「個人スポーツの方がいい」

中田英寿氏、ゴルフの魅力に開眼「個人スポーツの方がいい」

 元サッカー日本代表の中田英寿氏が16日、都内で行われた『中田英寿×片山晋呉 ゴルフマッチプレー対決』発表会に出席。約1年半前からゴルフのトレーニングを開始し、最近やっと楽しさを知れたという中田氏は「サッカーをやっていましたけれど、個人スポーツの方がいいのかなって思います。自分一人のなかで終わるのでスッキリするものはある」と笑った。

【写真】その他の写真を見る


 2014年11月に「デサントゴルフ」アンバサダーに就任した中田氏は、約1年半厳しいトレーニングを重ね、今年7月に『ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯』プロゴルファーの片山晋呉選手とマッチプレー形式で対決を行う。

 中田氏は「ゴルフを始めた頃はつまんないって思っていたけれど、今はやっと楽しいって思えるようになった。ハワイ合宿をしているときに、自分の思い通りに打てると周りを見る余裕が出てきた。それまでは頭にきて回っていたから、自然のなかでゴルフをする楽しさもある」と笑顔。

 対決を前に「プロと対決をしても、何かできるかもというところを目指すことが大事。ただ楽しんでやるスポーツは僕には一つもない」と断言し、「せっかくやるなら(片山選手を)一泡吹かせたい」と意気込んだ。

 真剣な思いを聞いた片山選手も「ゴルフに興味を持って真剣にやってくれることに感謝したい。僕も真剣にやらないと」と話し、中田氏のプレーについて「ヘッドスピードが異常にあるので、足の使い方をもうちょっと覚えればまた違うゴルフになる」と助言した。



関連写真

  • ゴルフの魅力を語った中田英寿氏 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)プロゴルファー・片山晋呉選手、中田氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『中田英寿×片山晋呉 ゴルフマッチプレー対決』発表会に出席した(左から)プロゴルファー・片山晋呉選手、中田英寿氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス