• ホーム
  • 芸能
  • 蜷川幸雄さん通夜、著名人らが最期の別れ 鈴木杏「感謝しきれない」

蜷川幸雄さん通夜、著名人らが最期の別れ 鈴木杏「感謝しきれない」

 先日12日に多臓器不全のため他界した演出家・蜷川幸雄さん(享年80)の通夜が15日、午後6時より東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。会場には多くの関係者や著名人1204人が弔問に訪れたほか、ファン372人も駆けつけ、合計で1576人が別れを惜しんだ。

【写真】その他の写真を見る


 弔問には藤原竜也木村拓哉吉田鋼太郎宮沢りえ北大路欣也、松本幸四郎、内野聖陽阿部寛堤真一筧利夫尾上松也綾野剛東山紀之木村佳乃菅野美穂中嶋朋子満島ひかり多部未華子溝端淳平本田博太郎寺島しのぶ亀梨和也上田竜也森田剛三宅健ら多くの著名人が訪れた(順不同)。

◇以下、取材に応じた著名人の主なコメント

鈴木杏
(『ムサシ』に出演)
「感謝の気持ちを伝えたんですけど、まだ実感がなくて、これからいろんなことを思い出していきたいです。蜷川さんから言われたこと、ずっと見ていた背中や怒っていた時の顔も、うれしそうにしてくださっている時の顔も思い出しています。たくさん叱られて、一番最後の劇は『杏ちゃんの動きが悪い』って言われて、本当に蜷川さんの求めているものに追いつくので必死でした。本当に何でもなかった私に、たくさんの世界や物語、思想、生き様を見せてくださった。そのひとつひとつを感謝してもしきれないくらいです」

勝地涼
(『ムサシ』に出演)
「亡くなったという話を聞いてからも実感がなくて、一回も涙が出てなかったんですけど、きょう改めて実感した。でも、泣いてたら『いつまでもメソメソすんな』って言われそうだし、でも悲しまなかったらそれはそれで怒られそうで…。10代の頃、蜷川さんに出会ったので、蜷川さんとの仕事じゃない時に『今の芝居だったら、蜷川さんに怒られるんじゃないか』と思ってやってきた。亡くなったとしても、ずっと心の中に蜷川さんがいるんじゃないかなと思ってます。いろんな知識を得ようと本を読んでいたら、蜷川さんから『勝地はバカだから、頭でっかちにならずにそのままでいいよ。それがお前の魅力だよ』って言ってくれたことが忘れられなくて」

■溝端淳平
(『ムサシ』『ヴェローナの二紳士』に出演)
「厳しい言葉をたくさんいただきましたが、役者を育てようっていう思いが根底にあった。もっと叱ってほしかったし、もっと成長した姿を見せて恩返ししたかったので残念です。蜷川さんにげきを飛ばされたこと一生忘れません」

AAA西島隆弘
(『下谷万年町物語』に出演)
「お会いした時に『お前は早く音楽やめて、俳優の世界に来い。人生の荒波に出合った時は、俺が全力で守ってやるから』って言っていただいたのが、とても印象に残っています。(次回作は)物理的にスケジュールが合わなかったので、悔しいですね。言葉一個一個がすごく重たくて、大きくて、でもすごく優しくて…。言葉は届かないかもしれないですけど、まだまだ僕も頑張るんで(天国から)見てくださったら…」

■本田博太郎
(『近松心中物語』に出演)
「僕が無名の時に世に出してくれた、命の恩人です。一言では言えませんが、感謝しかありません。思うように芝居ができない時は、(印象に残った言葉は)『毅然としてやれよ』ということでした。心の底から感謝です」

西岡徳馬
(『ロミオとジュリエット』に出演)
「40数年一緒にいたので、蜷川さんからは『徳馬は戦友だからな』って言ってもらってました。だから、戦友が壮絶な戦死をしたという感じです。病状が芳しくないと前から伺っていましたが、最期まで現場で走り続けて立派でした。前に『何で、そんなに仕事するの?』って聞いたら、『ただのジイさんになるのは嫌だから』って言ってました。だから、僕も蜷川さんみたいに自分がやめるっていうまでやりたい」



関連写真

  • 蜷川幸雄さんを偲んだ鈴木杏 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さんの通夜に参列した溝端淳平 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さんの通夜に参列したAAA西島隆弘 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さんの祭壇 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)蜷川幸雄さんとの思い出を語った鈴木杏、勝地涼 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川実花氏が撮影した蜷川幸雄さんの遺影 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さんの通夜に参列した本田博太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 父・蜷川幸雄さんについて語った蜷川実花氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス