• ホーム
  • 映画
  • 浅野忠信、2年連続でカンヌ国際映画祭 スタンディングオベーションに「良い感触」

浅野忠信、2年連続でカンヌ国際映画祭 スタンディングオベーションに「良い感触」

 俳優の浅野忠信が現地時間14日、フランスで開催中の『第69回カンヌ国際映画祭』に出席。「ある視点部門」で公式上映された主演映画『淵に立つ』(今秋公開予定)の深田晃司監督らとともにレッドカーペットに登場した。浅野は、昨年の黒沢清監督『岸辺の旅』に続き2年連続で同部門に主演作が選出、深田監督は今回が初の選出。上映後には、観客からの鳴り止まないスタンディングオベーションに応えた。

【写真】その他の写真を見る


 浅野は「本当に長い戦いだったので、それがやっと実ったというか。このカンヌに来るときも、飛行機がたどり着かないとか、荷物が着かないとか、ハプニング続きだったんです。本当に今とてもほっとしています」とプレッシャーから開放され安堵の表情。「温かい拍手をいただいたのがとてもうれしいですし、これからたくさんの人に届けばいいなと思っています。去年も(『岸辺の旅』の上映で)ずっと長い時間温かい拍手をいただけて、今年も同じようにずっと拍手をいただけたので、これはとても良い感触だなと思っていますね」と話していた。

 同作は、下町で金属加工業を営む夫婦(古舘寛治、筒井真理子)のもとに突然一人の男(浅野)が現れ、奇妙な共同生活が始まり、一見平和だった家族に“異物”が混入することで夫婦それぞれが抱える秘密があぶり出されていく人間ドラマ。



関連写真

  • 『第69回カンヌ国際映画祭』レッドカーペットに登場した(左から)古舘寛治、筒井真理子、深田晃司監督、浅野忠信 (C)Kazuko  Wakayama
  • 『淵に立つ』上映後にはスタンディングオベーションが巻き起こった (C)Kazuko  Wakayama
  • 『淵に立つ』の舞台あいさつの模様 (C)Kazuko  Wakayama
  • 『第69回カンヌ国際映画祭』に出席した(左から)古舘寛治、深田晃司監督、筒井真理子、浅野忠信 (C)Kazuko  Wakayama

オリコントピックス