• ホーム
  • 芸能
  • 蜷川幸雄さん通夜に1576人 藤原竜也、木村拓哉ら弔問 ファンも多数

蜷川幸雄さん通夜に1576人 藤原竜也、木村拓哉ら弔問 ファンも多数

 先日12日に多臓器不全のため他界した演出家・蜷川幸雄さん(享年80)の通夜が15日、午後6時より東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。会場には多くの関係者や著名人1204人が弔問に訪れたほか、ファン372人も駆けつけ、合計で1576人が別れを惜しんだ。

【写真】その他の写真を見る


 弔問には藤原竜也木村拓哉、吉田鋼太郎、宮沢りえ北大路欣也、松本幸四郎、内野聖陽阿部寛、堤真一、筧利夫、尾上松也、綾野剛、東山紀之、木村佳乃、菅野美穂、中嶋朋子、満島ひかり、多部未華子、勝地涼、溝端淳平、本田博太郎、寺島しのぶ亀梨和也上田竜也森田剛三宅健ら多くの著名人が訪れた(順不同)。

 蜷川さんの作品に出演した女優の鈴木杏は「何もかもたくさんのことを教えてもらいました。感謝してもしきれない」と涙を流し、AAAの西島隆弘は「お会いした時に『お前は早く音楽やめて、俳優の世界に来い。人生の荒波に出合った時は、俺が全力で守ってやるから』って言っていただいたのが、とても印象に残っている」と振り返った。

 祭壇の遺影は、昨年9月に舞台『NINAGAWA・マクベス 』のけいこ場で、娘で写真家の蜷川実花氏が撮影した写真が使用された。祭壇は赤と白色の花で彩られ、実花氏は「きっと喜んでいると思う」と語った。

 蜷川さんは1935年10月15日埼玉県川口市生まれ。55年に劇団青俳に入団、当初は俳優として活躍していたが、68年に劇団現代人劇場を創立し、69年に『真情あふるる軽薄さ』で演出家デビュー。日本だけではなく海外でも活躍し、世界中で「世界のニナガワ」と高く評価されてきた。

 昨年12月半ばに軽い肺炎を起こし入院し、リハビリに励んでいたが、12日午後1時25分に肺炎による多臓器不全のため、死去した。80歳だった。



関連写真

  • 蜷川幸雄さんの祭壇 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)蜷川幸雄さんとの思い出を語った鈴木杏、勝地涼 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川実花氏が撮影した蜷川幸雄さんの遺影 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さんの通夜に参列した溝端淳平 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さんの通夜に参列したAAA西島隆弘 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さんの通夜に参列した鈴木杏 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さんの通夜に参列した本田博太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 父・蜷川幸雄さんについて語った蜷川実花氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス