• ホーム
  • 芸能
  • 東出昌大とNICO Touches the Wallsのマニアで変態な一面とは?

東出昌大とNICO Touches the Wallsのマニアで変態な一面とは?

 映画『ヒーローマニア-生活-』で主演を務める東出昌大と、同映画の主題歌「ストラト」を手掛けたNICO Touches the Wallsの対談が実現。撮影と楽曲秘話など映画が10倍楽しくなるエピソードのほか、子どもの頃のヒーローやそれぞれのディープな“マニアな生活”について語り合った。

◆東出昌大は、実は“天然”「自覚はないんですけど……」

――東出昌大さんとNICO Touches the Wallsさんが会うのは今回が2度目だそうですが。初めて会ったときの印象は?
【東出昌大】 初めてNICO Touches the Wallsさんを拝見したのは音楽番組で演奏しているときだったんですが、やっぱりカッコいいなって思いました。自分と同じ人前に出る仕事でも全然違うんだなってステージにいる姿を見て実感したし、役者とミュージシャンってなかなか接点がないのでお会いできたこと自体が光栄でしたね。
【光村龍哉】 ありがとうございます。僕は初めて東出昌大さんを知ったのはNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』なんですよ。そのときからすごくカッコいい方だと思っていて、まさかこうしてご一緒にお仕事をできると思っていなかったから、こちらこそ光栄です。

――“生・東出昌大”の感想は?
【東出昌大】 とりあえず“デカい”でしょ?
【光村龍哉】 テレビで観たときから背が大きいとは思っていたけど、実際に会ったらさらに大きかったです(笑)。

――映画『ヒーローマニア-生活-』で東出さんが、かなりヘタレ役を演じていますね。
【東出昌大】 相当ヘタレです(笑)。そこらへんは原作の漫画『生活』が持っている、変態性ってところが出ているのかなと。でも、何か主張のある内容でなくコメディなので現場の空気も明るく朗らかで、ドタバタありアクションありで演じていても楽しかったですよ。

――ちなみに、共演した窪田正孝さんや小松菜奈さんからは「東出昌大さんは天然」と言われていましたが。
【東出昌大】 そう言われて僕もびっくりしました。天然って自覚はないんですけど。

――曲作りで特にインスパイアされた場面は?
【光村龍哉】 ピンときたのは最初に東出昌大さんが窪田さん演じる土志田に声を掛けるシーンです。「一緒に戦おう」っていうあのセリフを聞いて、<正解がなくても戦うだけ>っていう歌詞が出てきた。その瞬間、音楽で日常をサバイブしていく自分たちの気持ちとリンクしたというか。映画は過剰に描かれている部分はあるけど、これは僕らだけではなく、いろんな人たちの日常だなって思ったんですよね。

◆東出昌大とNICO Touches the Wallsの子どもの頃のヒーローとは

――ところでみなさん、子どもの頃はどんなヒーローに憧れていました?
【東出昌大】 僕は競走馬。いま振り返ると毎週、レースの度に活躍を期待していたのはサイレンススズカっていう馬だったんですよね。
【光村龍哉】 僕はウルトラマンで一番、好きなキャラクターがいて、それがゾフィーだったんですよ。実はウルトラマンに命を持ってくるっていう重要な役割で、そういう名脇役的な立ち位置がすごく好きでした。
【対馬祥太郎】 僕はヒーローより怪獣が好きで、特に僕の中でヒーロー的なポジションだったのはゴジラ。何でかって言うと、ゴジラって主役なのにみんなに攻撃されて帰っていくだけなんですよ。そこにちょっとした悲しみを感じて、愛する気持ちに変わったんです。
【坂倉心悟】 僕は『ドラゴンボール』の悟空ですかね。あの格好に憧れて母親にオレンジの道着を作ってもらったんだけど、それを着て外に出たらすぐさま“悟空だ!”って言われて。それが恥ずかしくて家でしか着なくなっちゃいました。
【対馬祥太郎】 家では着てたんだ(笑)。
【古村大介】 僕は『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ系)のトランプマンです。トランプを投げてキュウリを切ったりしていたんですよ。それがもうすげーカッコよくて、自分でもどうやったら野菜が切れるのか、ひたすらトランプを投げて挑戦したけど部屋の中を散らしただけだったっていう。

――ちなみに、映画のタイトルにちなんで、みなさんのマニアな部分やアイテムを教えていただけますか?
【光村龍哉】 マニアックかどうかはわからないけど、ここ2年ぐらいは日本酒にハマっています。サッカーの中田英寿さんが「Sakenomy(サケノミー)」ってアプリを作っていて、それは自分が呑んだ日本酒をコレクションしていけるんですよ。味の採点もできるようになっていて、日本酒のSNSなんです。
【古村大介】 僕はザックリ言うと虫が好きです。しかも蚊とかゴキブリとかも集めていて……。カブトムシとかも人並みに好きだけど、ゲテモノがいいんですよね。
【東出昌大】 じゃあ家でゴキブリが出たらアガります?
【古村大介】 アガりますね。ツアーとかで地方を回っていると、東京にはいないゴキブリもいて。それを見つけるとテンション上がって写真を撮ったりしています。

――そこまでいくとマニアというより変態ですね(笑)。
【坂倉心悟】 その点、僕は普通ですよ。マニアックに好きなのは辛い物で、特に高校のそばにあった高木屋っていうラーメン屋の激辛つけ麺が好き。
【光村龍哉】 彼はそれを汗ひとつかかずにペロッと食べちゃう。体質が変態なんでしょうね(笑)。
【対馬祥太郎】 僕はダーツですね。1人で行くことが多いんだけど、僕の中でダーツはみんなでワイワイやるものじゃなく、腕の上がり方とかで“今日はちょっと疲れているな”とかコンディションを見たりとか、自分との対話なんです。
【東出昌大】 じゃあ、ひたすら1人で投げるみたいな。
【対馬祥太郎】 でも店員さんと話したり地方だったら地元のおいしい店を聞いたりします。そうやって知らない人と話すのもまた楽しいんですよ。
【東出昌大】 それはわかる。僕も人間マニアというか人が好き。趣味で落語を見たり将棋をやるんだけど、どっちも人相手のものだし、釣りも1人より誰かと行くのがいいんです。だから普段、何をやっているときが一番楽しいかって言ったら、お酒を呑みながら人と話している時間なんですよね。
【光村龍哉】 今日も、すごく気さくに話し掛けてくださって、僕らも話しやすかったです。
【東出昌大】 人に興味があるんでしょうね。ゴキブリの話とかも、飲み屋だったら僕、ずっと聞いていますよ(笑)。
【古村大介】 じゃあ、今度一緒に行きましょうか?
【東出昌大】 いいですね、ぜひ!

(文:若松正子)



オリコントピックス