• ホーム
  • 芸能
  • 西田敏行、胆のう摘出手術成功 リハビリも再開

西田敏行、胆のう摘出手術成功 リハビリも再開

 頸椎(けいつい)亜脱臼の手術後に胆のう炎を発症し入院していた俳優の西田敏行(68)が、都内の病院で胆のうの摘出手術を受け無事成功していたことが13日、わかった。

 所属事務所によると、西田は12日に腹腔(ふくくう)鏡下手術で胆のうを摘出。術後の経過は良好で、現在は食事がとれるまでに回復。週明けからは首のリハビリも再開できる状態だといい、復帰時期についてはリハビリの状況をみて判断する。

 西田は、2月に自宅のベッドから転落し頸椎亜脱臼と診断されていた。先月19日に都内の病院で4時間半におよぶ手術を受け成功したが、その後胆のう炎を発症し入院していた。



オリコントピックス