• ホーム
  • 芸能
  • 次期朝ドラ『べっぴんさん』ヒロイン芳根京子、作品舞台の神戸でパレード参加

次期朝ドラ『べっぴんさん』ヒロイン芳根京子、作品舞台の神戸でパレード参加

 次期NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』(10月3日スタート)のヒロインを務める女優・芳根京子(19)が15日、ドラマの舞台・兵庫県神戸市で開催された「神戸まつり」のパレードに参加。ヒロイン発表後、初めて公の場に登場した芳根は、沿道から飛ぶ声援に、大きく手を振りながら笑顔で応えた。

 パレード後、神戸市役所で芳根は制作統括の三鬼一希チーフプロデューサーと取材に対応。ヒロイン発表時と同じドレスを着用した芳根は「すみれとしてお話を読んでいたりとか、神戸に来ていたりとか、色々な体験をしたうえでのこのドレスは、重く感じますね」とプレッシャーを感じつつ、「改めてうれしいなというふうに感じています」とニッコリ。

 沿道からの声援にも「あんなに名前を呼んでいただけると思ってなかった」と感。前日は上品にいこうと思っていたというが、「大きく手を振ってくださる方を見ると、返したくなっちゃって、開始2分くらいで手を振ってしまって、『ありがとう』という気持ちを伝えたかったので、気づいたら言葉を叫んでいました」と興奮混じりに振り返った。

 4月6日のヒロイン発表会見から1ヶ月、「表情が凛々しくなったように見える」と記者から声をかけられると、「お母さんの役をやるということで、しっかりしないと、自分がしっかりしないでどうする、という気持ちが台本を読んで生まれたので、しっかりしたい、というふうには思ってる」と心境を告白。三鬼プロデューサーも「台本やけいこも含めて、役に少しずつ少しずつ、芳根さんの中で作っていただいているというか、入っていただいているので、そういうことが表情に出ているかな」と、ヒロインの成長ぶりに目を細めた。

 作品はベビー服メーカー「ファミリア」(本社・神戸市)の創業者・坂野惇子さんがモデルとあり、「一日絶対に針を触る時間は作ろうと思っているので、他のお仕事で東京に戻った時も持って行って空き時間にやったりだとか、お家で寝る前にやったりだとか、そこは意識してやるようにしています」と役作りに余念がない。

 また、プライベートでも神戸を訪れているといい、「なかなかその時代と風景は変わってしまってはいるんですけれど、その分その時代の写真をたくさん展示されている場所に行って、『あ、ここ見たけどこういう風景だったんだ』とか、頭の中で変換しながらすみれの時代に染まっていけたらいいな」と、すっかりヒロインの表情で話していた。

 同作は、すみれが戦後の焼け跡の中で子ども服専門店を立ち上げ、家族と仲間の女性たちと激動の時代をたくましく生きる物語。脚本は、フリーアナウンサー・羽鳥慎一の妻で、ドラマ『名前をなくした女神』『サキ』『ファースト・クラス』など、家族、青春、恋愛、悪女ものなど幅広いジャンルを執筆する渡辺千穂氏が担当する。



関連写真

  • 「神戸まつり」のパレードに参加
  • 「神戸まつり」のパレードに参加した芳根京子
  • (左から)久元喜造・神戸市長、芳根京子、三鬼一希チ−フプロデューサー

オリコントピックス