• ホーム
  • 芸能
  • オール阪神・巨人、上方漫才大賞受賞 史上最多4度目

オール阪神・巨人、上方漫才大賞受賞 史上最多4度目

 上方演芸界で最も長い歴史を持つ賞レース『第51回上方漫才大賞』の発表会が14日、大阪・梅田劇術劇場で行われ、大賞はオール阪神・巨人、奨励賞は銀シャリ、新人賞はコマンダンテが受賞した。

【写真】その他の写真を見る


 大賞候補(50音順)は、精力的に舞台に立ち続け上方漫才界において女性ならではの目線で挑み続ける海原やすよ ともこ、芸歴40年を迎え芸術選奨文部科学大臣賞も受賞したオール阪神・巨人、拠点を東京に移した今も毎月大阪の舞台に立ち続ける中川家の3組。

 今回の大賞候補、海原やすよ ともこ、中川家を退け、さらに同賞3回受賞で並んでいた横山やすし・西川きよし、中田カウス・ボタンより一歩抜け出し、単独最多となる4度目の上方漫才大賞を受賞したオール阪神・巨人。放送終了後の会見で「(芸歴)40周年の活動を評価していただけてありがたい」とコメント。前日までネタ合わせしたネタをけさ急きょ変更し、普段は「98%ない」(オール巨人)という劇場用のネタをテレビで披露したことを明らかにした。

 賞金200万円の使い道については、「歯のインプラントに使います」(阪神)、「僕は熊本に全額寄付しようと思います。舞台でいうと生意気かなと思って言わなかったんですけれどね」(巨人)と話していた。

 奨励賞は5組、新人賞は7組のノミネートから、審査員および視聴者が当日の漫才を審査する「賞レース方式」を勝ち抜き、上記のコンビが受賞した。

■奨励賞ノミネート(当日ネタ披露順)
銀シャリ、チキチキジョニースーパーマラドーナなすなかにしジャルジャル
■新人賞ノミネート(当日ネタ披露順)
ミキ、コマンダンテ、トット、どんぐり兄弟、尼神インター、アルミカン、マルセイユ



関連写真

  • 『第51回上方漫才大賞』史上最多4度目の大賞を受賞したオール阪神・巨人(C)関西テレビ
  • 奨励賞を受賞した銀シャリ(C)関西テレビ
  • 新人賞を受賞したコマンダンテ(C)関西テレビ
  • 『第51回上方漫才大賞』受賞した3組(左から)奨励賞の銀シャリ、大賞のオール阪神・巨人、新人賞のコマンダンテ(C)関西テレビ
  • 『第51回上方漫才大賞』史上最多4度目の大賞を受賞したオール阪神・巨人(C)関西テレビ
  • 『第51回上方漫才大賞』史上最多4度目の大賞を受賞したオール阪神・巨人(C)関西テレビ
  • 『第51回上方漫才大賞』奨励賞を受賞した銀シャリ(C)関西テレビ
  • 『第51回上方漫才大賞』奨励賞を受賞した銀シャリ(C)関西テレビ
  • 『第51回上方漫才大賞』新人賞を受賞したコマンダンテ(C)関西テレビ
  • 『第51回上方漫才大賞』新人賞を受賞したコマンダンテ(C)関西テレビ

オリコントピックス