• ホーム
  • 芸能
  • 蜷川実花氏、父・幸雄さんは「優しい父だった」

蜷川実花氏、父・幸雄さんは「優しい父だった」

 写真家・映画監督の蜷川実花氏が15日、東京・青山葬儀所で営まれる父・蜷川幸雄さん(享年80)の通夜の前に報道陣の取材に応じた。12日に肺炎による多臓器不全のため死去した父について聞かれた実花氏は、涙を見せずに気丈な対応で「生涯現役に本人も家族もこだわっていたので、かっこよく戦った。私を含めて家族は寂しいけれど、最後まで駆け抜けられた」と偲んだ。

【写真】その他の写真を見る


 遺影は、舞台『NINAGAWAマクベス』のけいこ中の様子を実花氏が撮影した写真を使用し、「『かっこいい』って喜んでくれているんじゃないかな」。亡くなった12日の前から「危ないというときは何回もあった。お別れは心のなかでしていて、覚悟はしていた」と振り返った。

 厳しい指導で知られた幸雄さんだったが、実花氏にとっては「優しい父だった」といい、「孫に見せる顔がデレデレだった」と回想。自身との関係は「長女だけれど、娘というより長男と父親のような関係だった」と話し、「『自立した人間であれ』っていうのが一番の教え」と懐かしんだ。

 幸雄さんからは「映画を撮ったときに、何人かの人に『映像は実花の方がうまいから』って言ってくれていた」といい、「照れ屋なので、『お前最近流行っているらしいな』っていうのが一番の褒め言葉だった」と語った。



関連写真

  • 父・蜷川幸雄さんについて語った蜷川実花氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川幸雄さんの祭壇 (C)ORICON NewS inc.
  • 父・蜷川幸雄さんについて語った蜷川実花氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 父・蜷川幸雄さんについて語った蜷川実花氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 蜷川実花氏が撮影した蜷川幸雄さんの遺影 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス