• ホーム
  • 芸能
  • 津川雅彦が語る“敵役”の矜持 『ドクター調査班』に出演

津川雅彦が語る“敵役”の矜持 『ドクター調査班』に出演

 テレビ東京系で放送中の金曜8時のドラマ『ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜』(毎週金曜 後8:00)の第5話(5月20日放送)から、津川雅彦が出演することが明らかになった。

 架空の組織「医療事故調査委員会」、通称『MAIC(マイク)』第七班の調査員たちが医療事故を潜入調査し、事故の真相や背景に潜む闇を暴くヒューマン医療ミステリー。

 津川は、谷原章介演じる華岡慧らMAIC医療事故調査員メンバーが潜入調査する東央大学附属病院の病院長・浅間直親役で登場。慧とは過去に何やら因縁がある模様で、高畑淳子演じる医療事故調査委員会の統括管理官である遠山晃代の悲しい過去についてもカギを握る最重要人物であり、MAICにとって史上最大の強敵として立ちはだかる。

 津川は「敵役ですからね。敵役の使命というのは、大きな障害になること。MAICにとって一番障害になる男になるので、最後まで、MAICに負けない、でっかい敵役を目指して演じようと思っています。僕が強い敵になることで、観てくれるお客さんが『MAIC頑張れ、MAIC頑張れ』って思ってくれたらうれしいですね。(谷原章介演じる慧と高畑淳子演じる晃代の)2人の“壁”にならなければと思って演じています」と敵役を演じる矜持を語っていた。



オリコントピックス