• ホーム
  • 映画
  • 邪悪な姉妹の“過去”が明らかに 『スノーホワイト/氷の王国』特別映像が公開

邪悪な姉妹の“過去”が明らかに 『スノーホワイト/氷の王国』特別映像が公開

 世界中の誰もが知るグリム童話の名作「白雪姫」に大胆なアレンジを加え映画化し、全世界で大ヒットを記録した『スノーホワイト』の続編『スノーホワイト/氷の王国』(27日公開)。幻想的な世界観と、作品に登場する邪悪な姉妹についてメインキャストたちが語る特別映像が13日、ORICON STYLEに到着した。

 同作には、オスカー女優シャーリーズ・セロンクリス・ヘムズワースといったシリーズオリジナルのキャストに加え、新たにエミリー・ブラント、ジェシカ・チャステインが参戦。圧倒的な映像美と壮大なスケールで、「白雪姫」の背後に隠されていた物語が明らかになる。

 本作でも引き続きラヴェンナ女王を演じるセロンは「前作の世界を広げられてうれしい」と大興奮。幻想的な世界をさらに展開させ、緑の生い茂る壮大な景色、魔法の森や変わった生き物、映画のタイトルになった氷の王国の姿など、世界観の魅力についてもハンター演じるヘムズワースが熱弁している。

 物語のカギの握るのは、シリーズに初登場するラヴェンナ女王の妹・フレイヤ(ブラント)。ラヴェンナと仲睦まじくチェスをして楽しんでいる様子や、我が子を抱いて笑顔を見せていたが、我が子を失うという悲劇によって氷の魔法の力に目覚めてしまう。

 以前の笑顔は消え失せ、氷のように冷え切った表情のフレイヤ。仲の良かった姉妹は別々の道を歩み、氷の王国を築いたフレイヤは最強の軍隊を作り上げ、氷の王国の女王となる。

 スノーホワイトとハンターのエリックの手によって滅ぼされたはずのラヴェンナは本作で復活を果たし、フレイヤとともに魔法の鏡の力で世界征服を目論むが、特別映像には「女王はただ1人」と姉妹が言い争い不穏な空気が漂う場面も。果たして、エリックたちは邪悪な最強姉妹を止めることができるのか。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 『スノーホワイト/氷の王国』の特別映像が公開 (C) Universal Pictures
  • 邪悪な姉妹の知られざる“過去”とは? (C) Universal Pictures

オリコントピックス