• ホーム
  • 芸能
  • 亀田興毅、急性アル中で搬送「ヘタレで未熟者です」

亀田興毅、急性アル中で搬送「ヘタレで未熟者です」

 プロボクシング元世界3階級王者の亀田興毅(29)が12日、自身のブログを更新。同日未明に急性アルコール中毒のため救急搬送されたことについて「皆さん、ご心配をおかけして本当に申し訳ございません…」と謝罪し「結論から言いますと、体調的には全く問題無く今は元気に仕事しています」と現状を明かした。

 「普段あまり飲まないお酒を、昨日はちょっとしたお祝いの席で飲み過ぎてしまいました…」という亀田。「夜中2時にタクシーに乗り、次のお店に向かう途中で寝てしまいました。もともと一度寝たら起きなくて、さらにアルコールが入った時は身体を揺すられても目を覚まさないので、タクシーの運転手さんがビックリして警察に連絡したんでしょうね」と当時の状況を説明し「さらに警察の方が来ても起きないので、そこから病院にって流れですね…」とつづった。

 「タクシーの運転手の方、警察の方、そして世間の皆様に多大なるご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございません」と改めてお詫びし「自分自身の置かれてる状況を改めてもう一度再認識し、必ず同じ過ちを繰り返さないようにします。本当に情けない姿を世間に晒しました…まだまだヘタレで未熟者です…」と、反省の言葉でブログを結んだ。



オリコントピックス