• ホーム
  • 芸能
  • ベッキー、13日『金スマ』で復帰 104日ぶりテレビ出演

ベッキー、13日『金スマ』で復帰 104日ぶりテレビ出演

■TBSが正式発表
 ロックバンド・ゲスの極み乙女。川谷絵音(27)との不倫騒動で芸能活動を休業していたタレントのベッキー(32)が、あす13日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』で復帰することが12日、明らかになった。同局が発表した。

 ベッキーがテレビに出演するのは、1月30日に放送された関西テレビ・フジテレビ系『にじいろジーン』以来、104日ぶり。

 発表によると、「番組では、ベッキーさんご自身が、これまでの経緯を語っておられます」としている。

 ベッキーは1月7日発売の『週刊文春』で川谷との不倫が報じられ、6日に都内で会見を行い、ファンや関係者に向けて謝罪。「友人関係であることは間違いありません」と交際については否定したが、『文春』の続報で「友人で押し通すつもり」と事前に川谷と連絡していたことが報じられると、騒動は拡大。所属事務所は「軽率な行動、責任の重大さを鑑みて」1月30日をもって当面の間休業することを正式に発表した。

 一方の川谷は、マスコミ各社にFAXで「既婚の身でありながら、私の軽率な行動によって、このように世間を騒がせる事態となりましたこと、深く反省いたしております」と文書で謝罪したが、ゲスの極み乙女。として全国ツアーを開催。自身初の東京・日本武道館公演を成功させたほか、もう一つのバンド・indigo la Endとして6月4日に2ndアルバムを発売することを発表。順調に活動を続けてきたが、ゲス乙女のツアー最終公演が終了した翌日の今月9日、離婚したことをブログで発表した。

 また、4月下旬にベッキーが不倫を報じた『週刊文春』に川谷との決別をつづった手紙を送り、その内容が誌面に掲載されると、オリエンタルラジオの中田敦彦が情報番組で「手紙ってプライベートで奥さんに渡すとか文春に渡すっていうためのものであって、それが間接的に伝わっているところが、ちょっとあざとく感じちゃんですよね」と発言。これを受け、雨上がり決死隊の宮迫博之が「憶測でヒドいことを言うな。今度あったらキレてやろうと思う」と、ベッキー本人不在で“場外バトル”を展開するなど、復帰の機運が高まるにつ入れ、騒動も大きくなっていった。

 なお、ベッキーが川谷の離婚した妻に直接対面して謝罪し、受け入れられていたことを、芸能レポーターの井上公造氏が11日のネット番組で公表。さらに謝罪が済んだことからTBSが復帰を受け入れ「4月30日に収録したのは事実です。場所は茨城です」と明かしていた。

 復帰に際してベッキーが会見を行うかは、現時点では未定となっている。



オリコントピックス