• ホーム
  • 芸能
  • ふかわりょう、岡本夏生ファンに警鐘「妄信は危険」

ふかわりょう、岡本夏生ファンに警鐘「妄信は危険」

 タレントの岡本夏生が11日、自身のブログを更新し、先月11日のイベントで共演したタレントのふかわりょうが岡本について発言した内容を掲載。岡本夏生の存在を“神格化”するファンにふかわが警鐘を鳴らしたという。

 ふかわは、岡本の言動に対して「過剰な擁護や妄信は、非常に危険だと思いますので気をつけてください」とファンに呼びかけると、「なぜなら、嘘ついてるから。これが岡本夏生の本性です」とばっさり。メディアでの歯に衣着せぬ物言いの裏側では「いろんな人が、尻拭いをしています」と指摘し、「そう言う支えの上で、この人は、ある種、神格化されていました」と訴えた。

 岡本が4年半にわたってレギュラーを務めたTOKYO MX『5時に夢中!』を今年3月に突然降板した騒動についても、「圧力で降ろされたという憶測が飛び交ってましたけど、圧力なんて、一ミリも加わってない」と主張。「(岡本という)誰も見向きもしない人間を、4年半も出演させてくれたMX 5時に夢中!にありがとう!と、言うのが、正しい感想です」とテレビ局に怒りを向けるファンの声をけん制した。その上で「そのことに対する意識が、早く生まれていれば、あそこの席に座る時間は延びていたかなぁ〜と、僕は思うんですけど」と岡本の姿勢についても苦言を呈した。

 最後には「確かに、こう言うキャラクターって言うのは、神格化には、必要かもしれないけど、決して、この人ひとりのチカラで、シュートを打ってるわけではない」と述べ、「岡本さんを、信じきってしまっている人には、ちょっとだけ、わかってほしいなぁ〜、と思います」と改めてファンを諭した。

 岡本とふかわは、先月11日から13日まで開催のイベントに出演予定だったが、初日直前まで岡本と連絡が取れずに失踪騒ぎとなったことや、初日の内容がまったく噛み合わなかったことから、12日と13日の岡本の出演が取りやめに。岡本はこの事態に反省し、今月にお詫びイベントを数度開催しており、ふかわへイベントに来場するように呼びかけていた。



オリコントピックス