• ホーム
  • 芸能
  • オリラジ中田、川谷の離婚は「前進していない」 不倫は“両成敗”

オリラジ中田、川谷の離婚は「前進していない」 不倫は“両成敗”

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が11日、コメンテーターを務めるTBS系情報番組『白熱ライブ ビビット』(月〜金 前8:00)に出演。ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音が妻との離婚を発表した件について、「何も前進していない」と持論を述べた。

 中田は、これまでも同番組で川谷と不倫騒動を起こしたベッキーについて、「あざとい」などと攻撃的に発言。これについて先輩芸人の雨上がり決死隊・宮迫博之がフジテレビ系『バイキング』で「憶測でヒドい事を言うな。今度会ったらキレてやろうと思う」と批判するなど、本人不在の“場外バトル”の様相に。ついには両者の先輩であるダウンタウン・松本人志が8日の『ワイドナショー』で「かわいい後輩が、ベッキーなんかで揉めんなや」と忠告していた。

 この日は9日に川谷が妻との離婚を発表し、騒動に一つの区切りがついたのでは、という流れでコメントを求められた中田は「(ベッキーと川谷の)どっちかが悪かった、ということではなくて、不倫は2人とも悪かったし、そのうえで一つの家庭が不倫によって壊れた、という結果が現れただけ」とシンプルに解説。現状について「ポジティブに事態が前に進んだということではなく、不倫の結果は離婚なんだということが明らかになっただけ」と語った。

 自身の発言がニュースになっていることについては「大きい話題になっているなと感じました」と驚きつつ、同じくコメンテーターのテリー伊藤からは「完全に(ベッキーの)評論家になってきてるね」と茶化されると、思わず苦笑い。また、これまで主にベッキーについてコメントしてきたが、川谷について聞かれると「最近有名になり芸能界にもなじみのない人で、(芸能人が)ベッキーに比べて思い入れや知ってる情報に差がある。なので、どうしても川谷さんに厳しい目になる」と一定の理解を示した。



オリコントピックス