• ホーム
  • 芸能
  • 『ABCお笑いグランプリ』夏の大会として開催 『M-1』と共存へ

『ABCお笑いグランプリ』夏の大会として開催 『M-1』と共存へ

 昨年12月の『M-1グランプリ』の復活を受けて、毎年1月に行われてきた『ABCお笑いグランプリ』が夏の大会として生まれ変わることになった。

 1980年にABC朝日放送創立30周年を記念して放送された『ABC漫才・落語新人コンクール』を原点とする、関西で活躍する若手芸人の登龍門的コンテスト。89年の第10回から2011年放送の32回までは『ABCお笑い新人グランプリ』として開催。第33回大会より名称を『ABCお笑いグランプリ』とし、出場資格を日本全国のプロのお笑い芸人に門戸を開放した。歴代のグランプリ受賞者にダウンタウンナインティナイン中川家ますだおかだフットボールアワーといった、今日のお笑い界を牽引する面々が名を連ねる。

 今夏、ABC創立65周年記念として、第37回大会の開催が決定。芸歴10年以内のプロのお笑い芸人(06年8月1日以降の結成orデビュー。結成年数ではなく、グループの誰かがプロデビューした年を起点とする)なら、漫才・コント・落語・ピン芸など、オールジャンル でエントリー可能。決勝戦は7月中旬、同局で生放送される。優勝賞金は100万円。

 同局の辻史彦プロデューサーは、「『M-1』が日本全国の漫才頂上決戦ならば、『お笑いグランプリ』は、笑いの首都・大阪のお笑いノンジャンル異種格闘戦。この大会の歴代王者が作り上げた歴史が語るように、『お笑いグランプリ』を制した者が、『M-1』王者をはじめ、スターの階段を登っていく。夏の『お笑いグランプリ』、冬の『M-1 』、1年を通じて、最高のお笑いの大会をお届けできる事を、大変誇りに思います」とコメントを寄せている。



オリコントピックス