• ホーム
  • 音楽
  • アーティストが小説のED曲を制作、音楽と“融合”する朗読イベント開催

アーティストが小説のED曲を制作、音楽と“融合”する朗読イベント開催

 音楽にのって踊りながら泡まみれになる「泡パーティ」や、ゾンビになりきって走る「ゾンビラン」など、近年“何かと何か”を組み合わせたエンタテインメントイベントが盛り上がりを見せている。そんな中、小説と音楽を融合させた新しい形の朗読イベントが開催される。アーティストが短編小説のエンディングソングを作曲し、朗読を行った後にその場で生演奏するというもので、物語の余韻にたっぷりと浸ることができそうだ。

【写真】その他の写真を見る


 小説と音楽による新たな体験を提案する、「奇跡と退屈」実行委員会が手掛ける同イベント。「小説にエンドロールを。」をコンセプトに、短編小説の朗読とアーティストによるエンディングソングの演奏をひとつのパフォーマンスとして披露する。『奇跡と退屈 vol.0』と題し6月5日に東京・渋谷O-nestで初開催、その後も定期的に催されていく。

 初回となる今回は、現時点で女性シンガー・ソングライターの吉澤嘉代子と、叙情派インストユニット・あらかじめ決められた恋人たちへの中心人物である池永正二の出演が決定。小説は店舗のない“エア本屋”を展開するいか文庫がセレクトを行う。追加アーティストと選ばれた小説名については、5月中旬頃に公式サイトで発表される。

 同実行委員会では、本イベントを皮切りに、アーティストによって作られたエンディング曲の配信や音源付き文芸誌の制作など、さまざまな展開を予定しているという。



関連写真

  • 『奇跡と退屈 vol.0』に出演する吉澤嘉代子(上)と、インストバンド・あらかじめ決められた恋人たちへの池永正二(下)
  • 音楽と小説を融合させた朗読イベント『奇跡と退屈 vol.0』が6月5日に初開催

オリコントピックス