• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞ 地元番組でバージンロード歩く 素顔のロケとは?

関ジャニ∞ 地元番組でバージンロード歩く 素顔のロケとは?

 先日、放送10年目に突入したバラエティ番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(毎週水曜 深夜0:25〜 関西テレビ)。人気グループ・関ジャニ∞の地元大阪でのレギュラー番組とあって、全国ネットとはひと味違う、リラックスした7人を観ることができるバラエティだ。そんな“ジャニ勉”の中で、よりメンバーの素顔が窺えるコーナーがある。それが、関西の“ええやん!”と思えるものを探し、2人のメンバーが街ブラする“2/∞”(エイト分の2)だ。

 今回、同コーナーに登場したのは、メンバーの渋谷すばる大倉忠義。4週にわたり、大阪中央区の北浜周辺を2人でのんびりと散策している。北浜といえば、大阪の金融の中心地。超高層ビルが立ち並ぶなか、カフェやショップが点在する、レトロモダンな雰囲気で注目されるエリアである。

 オンエア済みの5月4日の放送では、大食いキャラと言われる大倉が、街ブラの途中で「あれ?」と匂いに反応し、老舗うなぎ料理店へ。女性店員の「ジャニーズはいいんです!」という独断でロケのOKが出て、創業300年の味を堪能した。さらに、レトロな建物(結婚式場)を発見した2人。「こんなええ店、ジャニ勉は(ロケを)断られるんちゃう?(笑)」(渋谷)と言いつつも、なぜか新郎(大倉)&新婦(渋谷)でバージンロードを歩く……という奇想天外な展開に。「これ、男2人で来てもな〜」(渋谷)と笑いながらも、楽しんだのだった。

 そして5月11日・18日放送では、またもや大倉が「餅っぽい匂いする! 砂糖醤油の匂いや」(大倉)と匂いにつられ、老舗和菓子屋へ。看板商品の“高麗餅”を食べ、「おいしい! 八つ橋みたい」と絶賛する大倉に、渋谷が「別の食べ物で例えたらあかん!」と、オトナなツッコミをすることも。終盤では、ラオス料理の店で激辛料理を堪能するも、「めっちゃうまい、甘い……」と、大倉の舌がおかしくなるハプニングも起こった。

 ロケ終了後、「食べるロケ多かったですけど、大倉がいっぱい食べてたので。俺の分まで食べてた(笑)」と振り返る渋谷。一方の大倉は、「最初は“昼飯食べれる!”と思って食べてたんですけれど、こんなに食べ物が続くと思っていなかったので、今、正直ヤバいです。ペース配分ができへんかった(笑)。でも、うなぎめっちゃおいしかったですね。ほぼ1人で食べちゃいました」と、ご満悦の様子だった。

 それぞれ「いつも通りな感じ」が楽しかったと語った今回のロケ。最後に立ち寄った少彦名神社では、絵馬に「目指せジャニ勉20年」と書いたという。これまでの10年、関ジャニ∞の成長を見守り、地元ならではの7人を見せてきた“ジャニ勉”。絵馬の願い通り、次の10年も彼らの飾らない素顔を見せてほしいものだ。



オリコントピックス