• ホーム
  • 映画
  • ジョニー・デップ、『アリス』会見でいたずら全開上機嫌

ジョニー・デップ、『アリス』会見でいたずら全開上機嫌

 英ロンドンで現地時間8日、ディズニー映画『アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅〜』(7月1日公開)のキャスト・スタッフによる会見が行われた。帽子屋ことマッドハッター役で出演する米俳優ジョニー・デップ(52)は、物語に登場する“ティーパーティー”を再現した壇上で着席するなり、いたずら全開。共演したサシャ・バロン・コーエン(44)からカップケーキをすすめられると、皿ごと頭上に乗せて笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 皿から両手を離してバランスを取っていたのも束の間、カップケーキが落ちて、ジョニーが慌てて拾うひと幕もあった。子どもみたいな振る舞いにアリス役のミア・ワシコウスカ(26)も大笑いだった。

 彼のいたずら好きはいまに始まったことではないが、本作の撮影中も盛んだったようで、本作から登場する新キャラクター「タイム」を演じたサシャは「現場にあった輪ゴムをビュンビュン飛ばしてしてくるいたずらをされたり、ジョニーのセキュリティーチームに襲われたりしました」と冗談半分に“被害”を報告。ジョニーやミアをはじめ2010年公開の前作『アリス・イン・ワンダーランド』のキャストが再集結する中、新顔のサシャもジョニーにかまってもらったおかげで居心地良く過ごせたという。

 会見の最後、ジョニーは「今回、犬を連れて来ていなくてゴメンね」と謝罪し、愛犬をオーストラリアに持ち込んで裁判沙汰になった騒動を自らネタにして会場を沸かせるなど、終始、上機嫌。

 世界中で大ヒットした前作から6年。本作では、悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うため、時間をさかのぶるアリスの冒険を描く。ジョニーは「狂ったキャラクターが、さらに狂うと正常になるというか、マイナスにマイナスをかけるとプラスになるような、そんなマッドハッターを演じてみた」などと語り、本作の出来栄えに相当自信がある様子だった。

 会見にはほかに、ジェームズ・ボビン監督、前作を監督し、今作ではプロデューサーを務めるティム・バートン氏、同じくプロデューサーのスーザン・トッド氏が出席した。



関連写真

  • 英ロンドンで行われた映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の記者会見に出席したジョニー・デップ(左)とミア・ワシコウスカ
  • サシャ・バロン・コーエン(左)と
  • 英ロンドンで行われた映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の記者会見の模様
  • 英ロンドンで行われた映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の記者会見の模様
  • 英ロンドンで行われた映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の記者会見の模様
  • 英ロンドンで行われた映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の記者会見の模様。ジョニー・デップ
  • 英ロンドンで行われた映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の記者会見の模様。ミア・ワシコウスカ
  • 英ロンドンで行われた映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の記者会見の模様。サシャ・バロン・コーエン
  • 英ロンドンで行われた映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の記者会見の模様。ジェームズ・ボビン監督

オリコントピックス