• ホーム
  • 芸能
  • 庄司智春、「ゴリティ〜」と絶叫 野生ゴリラと2ショット撮影に挑戦

庄司智春、「ゴリティ〜」と絶叫 野生ゴリラと2ショット撮影に挑戦

 博学のビートたけしですら知らないであろう世界のニュースを、人気芸人たちがプレゼンしていくテレビ朝日系バラエティー『世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース』第9弾がきょう8日(後8:58〜11:10)に放送される。今回の最大の見どころは、庄司智春がプレゼンターを務める「動物のそこそこ貴重な映像」コーナー。庄司自らアフリカ東部のウガンダへ飛び、“野生のゴリラとの2ショット撮影”という危険なミッションに挑んだ。

【写真】その他の写真を見る


 ウガンダにあるブウィンディ原生国立公園は、野生のゴリラと超接近できる国立公園として知られる場所。庄司は妻の“ミキティ(藤本美貴)”ならぬ「“ゴリティ”と肩を組んだり握手して写真を撮りたい!」と意欲満々に出かけていった。

 ゴリラは繊細な性格でありながら怒ると凶暴化する動物で、同国立公園のゴリラウオッチングツアーでも“人間からの接近はNG”、“ゴリラと接触できるのは1日に1時間だけ”という厳重なルールが設けられている。ガイドとともにジャングルに足を踏み入れた庄司。歩くこと5時間、突然叫び声とともに目の前に巨大なゴリラが現われ、威嚇される。彼は背中が灰色の毛に覆われたシルバーバックとよばれるオスのゴリラで、群れを率いるボス。庄司は鳴き声をまねしてゴリラたちの警戒を解こうとするが、距離が縮まらないまま時間だけが経過。ところが、再び鳴き声をまねて語りかける庄司に1頭のメスゴリラが近づいてくる。さらに、シルバーバックもやって来て…。握手を求め、恐る恐る手を差し出す庄司。ゴリラと2ショット映像を撮れたのか!?

 スタジオ企画「ちょっと面白そうな実験」のコーナーでは、カンニング竹山がプレゼンターとなり、インターネットで話題の面白実験を紹介する。水、空き瓶、ピンポン玉を使った“表面張力”の実験では、たけしは完璧にその原理を解説してみせ、博学ぶりを魅せつける一方、三四郎の小宮浩信にわざと水をかけるという悪ふざけも。科学実験のはずなのにたけしはさらに暴走し、「たけし軍団なら、これが熱湯なんだよなぁ」と悪びれもせず、小宮の頭から水をかけて大喜びしていた。

 今回も衝撃映像はもちろんのこと、体当たりリポートやビックリ実験が満載。明治大学工学部(現・理工学部)出身のたけしは、実験には大いに興味をそそられた様子で、「今回もけっこう面白かったね。特に、実験が面白いね!」とご満悦だった。



関連写真

  • ゴリラの接近に緊張で震える庄司(C)テレビ朝日
  • 三四郎の小宮浩信にわざと水をかけるビートたけし(C)テレビ朝日
  • 5月8日放送、『世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース』(C)テレビ朝日
  • 5月8日放送、『世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース』三四郎の小宮浩信にわざと水をかけるビートたけし(C)テレビ朝日
  • 5月8日放送、『世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース』ゴリラの接近に緊張で震える庄司(C)テレビ朝日

オリコントピックス