• ホーム
  • 芸能
  • AKB総選挙ガイドブック、今年の表紙センターはまゆゆ 初の試み・裏表紙選抜も実施

AKB総選挙ガイドブック、今年の表紙センターはまゆゆ 初の試み・裏表紙選抜も実施

 6月18日に新潟・HARD OFF ECOスタジアム新潟で開催される『第8回AKB48選抜総選挙』の公式本『AKB48総選挙公式ガイドブック2016』(18日発売/講談社)の表紙センターに、渡辺麻友が抜てきされたことが6日、わかった。

 これまでも総選挙に合わせて発売された同誌の表紙は、取材班が集めたさまざまなデータを元に議論を重ね、最も注目を集めそうなメンバーをセンターに抜てき。毎年の総選挙の“前哨戦”としてファンの注目を集めてきた同誌の今年のセンターは、2年前の女王ながら昨年は3位となり、今年は雪辱を誓う渡辺だった。

 センターの両サイドは、4月に発売した写真集も大ヒットでますます勢いに乗っている昨年の女王・指原莉乃と、一大ブームを巻き起こしたNHKの朝ドラ『あさが来た』の主題歌「365日の紙飛行機」のセンターを務めた山本彩。2列目には昨年2位の柏木由紀をはじめ、松井珠理奈、宮脇咲良、横山由依が登場している。

 3列目は、44thシングル「翼はいらない」(6月1日発売)でセンターを務める向井地美音のほか、島崎遥香、須田亜香里、兒玉遥、木崎ゆりあら人気メンバーが選出。4列目には、入山杏奈、加藤玲奈、岡田奈々ら若手メンバー、さらに現在再ブレイク中の宮崎美穂も表紙に初登場している。

 また、同誌初の試みとして、裏表紙に期待の若手&注目のダークホースを中心に“裏表紙選抜”を選出。AKB48ドラフト2期生の樋渡結依(ひわたし・ゆい)がセンターを務め、総選挙開催地の新潟をホームとするNGT48から加藤美南、高倉萌香、中井りかの3人が裏表紙を飾っている。

 本誌内では、総選挙本史上最大ボリュームの約90ページにわたる総力特集として、注目メンバー101人を選出して撮り下ろし&インタビュー取材を敢行。そのほか、恒例となっている全立候補者272人の選挙ポスターを網羅した完全名鑑、開催地・新潟のオススメの店や観光エリアをNGT48の北原里英や加藤美南、劇場支配人の今村悦朗氏が案内する「新潟ガイド」も掲載される。

■過去の『公式ガイドブック』の表紙センターメンバー
2010年:前田敦子
2011年:大島優子
2012年:大島優子
2013年:渡辺麻友&大島優子
2014年:山本彩
2015年:高橋みなみ



関連写真

  • 今年の表紙センターは渡辺麻友=『AKB48総選挙公式ガイドブック2016』(講談社)表紙画像
  • 今年は”裏表紙選抜”も実施=『AKB48総選挙公式ガイドブック2016』(講談社)裏表紙画像

オリコントピックス