• ホーム
  • 芸能
  • 塚地武雅、“イカ大王”超えキャラの発掘目指す「いつまで見切れているんだ」

塚地武雅、“イカ大王”超えキャラの発掘目指す「いつまで見切れているんだ」

 お笑いコンビ・ドランクドラゴン塚地武雅が6日、都内で行われたNHKのオムニバスコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』(毎週木曜 後10:25)DVD発売記念イベントに出席。番組内で扮するキャラクター“イカ大王”が人気を博している塚地は、現在放送中の新シリーズで「(イカ大王を)超えるキャラクターをやっていかないと」と意気込んだ。

 イカ大王の姿で『NHK紅白歌合戦』の見切れ出演や、CDデビューなど話題になってきたが、「いつまで俺は見切れているんだっていう話です」と笑い、「よりよいキャラを生み出さないといけないって(メンバー)全員が思っているでしょうし、みんな全力でコントを撮っているので、期待してほしい」と呼びかけた。

 さらに「年末の紅白と『LIFE!』がコラボするとか、すごい形で出演できたら…」と希望すると、同席したムロツヨシが「今年も星野源は出るでしょうから、その後ろを狙うしかないでしょう」と笑わせていた。

 イベントでは、脚本家の内村宏幸氏も交えて放送されなかった思い出深いシーンや、撮影の裏側など約1時間トークを行った。

 コントで披露した“キス顔”がリアルだったためNGになったと告白して盛り上げたムロは、「総合演出の西川(毅)さんも言っていますけれど、『LIFE!』は番組ですが時代にしていきたい。テレビ番組を超えて、イベントなどテレビを離れて何かできるようにしたい」と話していた。



関連写真

  • 『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』DVD発売記念イベントに出席した(左から)塚地武雅、ムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)内村宏幸氏、塚地武雅、ムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス