• ホーム
  • 芸能
  • DAIGO披露宴で贈った「K S K」緊急配信・CD化

DAIGO披露宴で贈った「K S K」緊急配信・CD化

 歌手でタレントのDAIGO(38)が先月29日の結婚披露宴で妻の北川景子に贈ったウエディングソング「K S K」が、20日から「K S K 〜W Version〜」として緊急配信、6月15日にはCDが発売されることが6日、わかった。「W Version」はDAI語でいうところの“ウエディング”を示しているといい、新たな結婚式の定番ソング化が期待される。

 披露宴で歌唱した直後からDAIGOのブログに「ぜひ聴いてみたい」「結婚式で使いたいので音源化希望」といったファンの書き込みが相次いだ。所属レーベルにも問い合わせが殺到し、急きょリリースを決めた。

 「K S K」は「結婚して下さい」を表す“DAI語”。プロポーズの言葉に「K S K」と伝えたものの返事をアルファベットで返せず、後悔していた新婦のために、もう一度プロポーズして返事をもらおうとDAIGOが作詞・作曲した。

 さらに“キセキ”という意味もあり、歌詞の中にも二人の出逢いを「70億分の1のK S K(キセキ)」と表現している。配信用のジャケットは、披露宴で渡された引き出物と同じデザインを使用。DAIGOのアイデアによるこのデザインは、歌詞にも出てくる“交換日記”をイメージしている。

 「K S K 〜W Version〜」のレコチョクでの配信期間は6月14日まで。CDは、初回盤とウエディング盤の2形態にてリリースされる。



関連写真

  • DAIGOが自身の結婚披露宴で歌唱した「KSK」のリリースが決定
  • 披露宴の引き出物と同じデザインを使用した配信ジャケット

オリコントピックス