• ホーム
  • 芸能
  • 「真田丸展」出足好調 大河&歴史ファンの関心集める

「真田丸展」出足好調 大河&歴史ファンの関心集める

 視聴率17%前後(関東地区)で安定した支持を得ているNHK大河ドラマ『真田丸』。同ドラマに合わせて、先月29日より東京・両国にある江戸東京博物館で開催中の特別展『真田丸』(6月19日まで)も出足は好調だ。5月1日までの開催3日間で入館者が1万人を突破。大河ドラマ&歴史ファンの関心を集めている。

【写真】その他の写真を見る


 同展は、真田一族ゆかりの武具・書状をはじめ、約145件に及ぶ貴重な史料を展示し、真田信繁と父・昌幸、兄・信幸(信之)ら一族の人間像と彼らの生きた激動の時代を紹介する。

 信繁に関する同時代の資料はあまり残っていないのだが、信繁の肖像画や所用の品々をまとめて見られるのはとても貴重な機会。江戸時代になって絵画化された大坂の陣で奮戦する信繁の様子を描いた屏風『大坂之陣図屏風』や、大坂の陣の経緯を詳しくつづった『難波戦記』、錦絵なども展示され、信繁が「真田幸村」の名で語り継がれ、伝説化されていくまでを網羅する。



関連写真

  • 江戸東京博物館で開催中の特別展『真田丸』で展示中の『真田信繁画像』(江戸時代 高野山蓮華定院所蔵)
  • 『錦絵 真田幸村、巡見中の家康を追い詰める』(明治6年/1873年 上田市立博物館所蔵)
  • 重要文化財『関ヶ原合戦図屏風』(左隻)(桃山時代 大阪歴史博物館所蔵)※東京会場は5月24日〜6月19日の展示
  • 重要文化財『関ヶ原合戦図屏風』(右隻)(桃山時代 大阪歴史博物館所蔵)※東京会場は4月29日〜5月22日の展示
  • 『真田信之画像』(江戸時代 長野・大鋒寺所蔵)

オリコントピックス