• ホーム
  • 映画
  • 『ズートピア』お約束“隠れネタ”が満載 劇中で“海賊版DVD”をイジる

『ズートピア』お約束“隠れネタ”が満載 劇中で“海賊版DVD”をイジる

 『アナと雪の女王』、『ベイマックス』に続くディズニーの長編アニメーション『ズートピア』。人間のように暮らす動物たちの“楽園”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャーの本作には、ディズニー・アニメーション作品のお約束ともいえる“隠れネタ”が満載で、過去最多と言えるほどのネタが仕込まれているという。

 おなじみの隠れミッキーはもちろんのこと、名作映画や海外ドラマのパロディー、過去のディズニー・アニメーションに関するネタも登場する。劇場で鑑賞して、気づいたものはあっただろうか? 

 ここで、ディズニーから画像提供が許された“ネタ”を紹介。劇中で泥棒のイタチが海賊版DVDを露店で販売しているのだが、よく見ると、『ブーマックス』や『塔の上のヒヒンツェル』、『ラッコと海の女王』といった、見覚えのあるタイトルが“ズートピア”仕様になって並んでいる。

 『ベイマックス』や『アナと雪の女王』、さらに今後公開予定の作品が、もしズートピアで発売されていたら、というユニークな発想から生まれたディズニークリエーターたちの遊び心あふれる演出であり、ディズニーが“海賊版”をネタにしている事自体がシュール。

 日本語吹き替え版では日本語表記のものに差し替えている“配慮”に心奪われてしまう秘けつがある。字幕版では原題をもじったまた違うタイトルになっているので、両方チェックしてみるのも一興。このネタは初心者レベルなので、もっと複雑に隠されたネタを“あきらめない”で見つけてみよう。



関連写真

  • ディズニー長編アニメーション『ズートピア』(日本語版)(C)2016 Disney. All Rights Reserved.
  • 字幕版(C)2016 Disney. All Rights Reserved.
  • ディズニー長編アニメーション『ズートピア』(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

オリコントピックス