• ホーム
  • 音楽
  • globe、代表曲「DEPARTURES」MVを20年越し制作 三吉彩花が涙の熱演

globe、代表曲「DEPARTURES」MVを20年越し制作 三吉彩花が涙の熱演

 1990年代後半にメガヒットを連発した3人組ユニット・globeが、96年にWミリオンを記録しながらもミュージックビデオ(MV)を制作していなかった代表曲「DEPARTURES」(累積売上228.8万枚)のMVを20年越しに完成させた。主演はモデルで女優の三吉彩花(19)が務めた。

【写真】その他の写真を見る


 昨年デビュー20周年を迎えたglobeは、小室哲哉が描いた歌詞の世界観を映像として表現する「MUSIC VIDEOドラマプロジェクト」をスタート。現代のファッションアイコンを主演女優に迎え、3月に発表された第1弾「FACE」(主演:池田エライザ)に続き、第2弾として「DEPARTURES」のMVドラマを完成させた。リリース時、小室ファミリーの楽曲制作に追われていた小室は「当時あまりにも多忙すぎてMVを撮影する時間がなく、それは僕にとっても心残りとなっていました」と述懐する。

 主演の三吉は、「DEPARTURES」がリリースされた96年生まれ。小・中学生限定のアイドルユニット「さくら学院」出身で、ファッション誌『Seventeen』専属モデルとして活躍するほか、昨年にはテレビドラマ『エンジェル・ハート』でヒロインを演じ、話題を呼んだ。

 今作のテーマは「愛の世界が引き起こす悲劇。その悲劇からの脱却」。三吉に白羽の矢を立てた薮内省吾監督は「人は愛によって救われ、愛によって傷つく。今回、三吉彩花さんには、一度は愛によって全てを与えられ、そして、全てを奪い取られた、そんな女性を演じてもらいました」と説明。「一人で雪山へと向かい、そこで彼女は何を想い、何を感じ、そして何と決別するのか。愛と対極にあるものに向かおうとする時、彼女は自分自身をも否定するのか。儚さと美しさは同じコインの裏表。彩花さんはそんな演技を見せつけてくれました。すさまじいです」とその演技力を称賛した。

 両親がglobe好きで幼い頃からなじみがあったという三吉は「お話をいただいた時はとてもうれしかったです。歌詞の意味やのメロディーを大切にしたかったので、自分なりによく考えて演じました」と撮影を振り返り、「あれほど泣くお芝居をする経験はなかなかないので、思い切り演じました。極寒の中、スタッフの皆さんと一緒に頑張れたので、とてもいい作品になったと思います」と手応えをにじませた。

■globe「DEPARTURES」(主演:三吉彩花)
http: https://www.youtube.com/watch?v=Z-asfMte17s



関連写真

  • globe「DEPARTURES」MVドラマに主演した三吉彩花
  • 1996年元日にリリースされたglobe「DEPARTURES」
  • globe「DEPARTURES」MVドラマに主演した三吉彩花

オリコントピックス