• ホーム
  • 音楽
  • きゃりーぱみゅぱみゅ、『SONGS』で“原点”を見つめる

きゃりーぱみゅぱみゅ、『SONGS』で“原点”を見つめる

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、12日にNHK総合で放送予定の音楽番組『SONGS』(後10:50〜11:15)に登場する。デビューして5年、日本のみならず世界のカルチャーシーンに影響を与えてきた、自身の活動を振り返る。

 きゃりーは、オリジナリティーあふれる衣装やヘアメイク、ステージセットなど、楽曲の世界観の全てをセルフプロデュースしてきた。そのパワーの原点は、高校時代。東京・立川にある女子高校に通いながら、独創性のあるファッションで毎週のように原宿に出かけていたところ、雑誌の編集者などに声をかけられ、モデルとして活躍するようになった。

 番組では、「きゃりーがきゃりーであるためにどんな努力をしてきたのか」を探るため、彼女と一緒に母校や、モデル時代よく顔を出していた雑誌の編集部などでロケを敢行。見えてきたのは、「自分が本当に良いと思うものを世の中に発信していく」、その姿勢は一貫していまも変わっていないということだった。

 ライブパートでは、「つけまつける」「ファッションモンスター」「もんだいガール」などのヒット曲から最新シングル「最&高」まで、客席と一体となったパフォーマンスを披露する。



関連写真

  • 5月12日にNHK総合で放送予定の音楽番組『SONGS』(後10:50〜11:15)にきゃりーぱみゅぱみゅが登場(C)NHK
  • ライブのほかにロケ企画も(C)NHK

オリコントピックス