• ホーム
  • 芸能
  • 『世界の車窓から』放送1万回祝福 石丸謙二郎に慰労の声

『世界の車窓から』放送1万回祝福 石丸謙二郎に慰労の声

 テレビ朝日で1987年6月より29年間続くミニ紀行番組『世界の車窓から』(月〜金 後11:10※系列各局で放送時間が異なる)が2日、放送1万回を迎えた。ツイッターを中心に1万回の放送を祝福する声や放送開始から一度も交代することなくナレーションを務めた、俳優の石丸謙二郎(62)にねぎらいの言葉が寄せられた。

【写真】その他の写真を見る


 記念となる放送では、インド北西部・ラジャスタン州の古都ジョードプルを出発。北インドの大地を走る2400キロの旅も終盤戦で、美しい朝焼けを横目に、夜明け前のジョードプル駅から300キロ西のオアシス都市ジャイサルメールまで、広大なタール砂漠を走る新たな旅をスタートさせた。

 放送前には「10000回目なのに特集もせず…ブレない精神すげぇ…」「1万回目のO.Aです。おめでとうございます」と盛り上がり、放送を終えても「1万回も通常運転」「感動ものだ」「石丸謙二郎さん、これからもよろしくね!」「石丸さんお疲れ様です」「さりげない石丸謙二郎さんのナレーションですが、目撃したすごい瞬間でした」「石丸謙二郎さん、体力作り以外にもナレーションも継続するチカラ凄いです」などの声があがった。

 番組は、世界各地の鉄道を紹介するドキュメンタリー。窓から見える美しい景色はもちろん、沿線の街・名所、遺跡などの観光地など、さまざまな情景を音楽に乗せて送る。列車内の乗客、乗務員、あるいは駅構内の様子を映し出すこともある。番組テーマ曲は、溝口肇作曲による「世界の車窓から」。現在までに104の国と地域を訪れ、列車の走行距離は地球19周分。1万回目に石丸は「役者としての黎明期から始めているから、ナレーションだけでなく役者としても育ててくれた番組です」とコメントしていた。



関連写真

  • 『世界の車窓から』が放送1万回達成 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ朝日『世界の車窓から』が放送1万回を達成。初回からナレーターを務めてきた俳優の石丸謙二郎(C)テレビ朝日
  • 1万回の記念回はインドの古都・ジョードプルを出発(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日『世界の車窓から』インド北西部・ラジャスタン州を走る鉄道(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日『世界の車窓から』1万回の記念回はジョードプル駅から300キロ西のオアシス都市ジャイサルメールまで、広大なタール砂漠を走る(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日『世界の車窓から』1万回の記念回で、鉄道はオアシス都市ジャイサルメール駅へ向かう(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日『世界の車窓から』1万回の記念回は、インド北西部・ラジャスタン州の古都ジョードプル駅から300キロ西のオアシス都市ジャイサルメールまで、広大なタール砂漠を走る(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日『世界の車窓から』1万回の記念回でオアシス都市ジャイサルメールを目指す(C)テレビ朝日
  • 『世界の車窓から』が放送1万回達成!(C)テレビ朝日

オリコントピックス