• ホーム
  • 音楽
  • アニソン大王ささきいさおが55周年シングル 畑亜貴が作詞「ファンとしての想いを」

アニソン大王ささきいさおが55周年シングル 畑亜貴が作詞「ファンとしての想いを」

 “アニメソング界の大王”こと歌手・ささきいさおが、5月25日にデビュー55周年記念シングル「今の向こうの今を」を発売する。

 作詞はアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』『ラブライブ!』の主題歌などを多数担当してきたシンガー・ソングライターの畑亜貴。作曲は黒須克彦、編曲は黒須と齋藤真也が手がけ、アニソン作家の精鋭が集結した。

 ささきファンを公言する畑は「ささきいさお様が歌う『今』とは、これまでのすばらしい作品と共にさらに未来へ進む第一歩である『今』。そしてその満ちた歌声は、私たちに明日へ立ち向かう勇気をくれる希望である…と、音楽家としての想い、そしてファンとしての想いを込め過ぎるほど込めて参加させていただきました。試練さえも軽やかな旅立ちに変えてくれる、すばらしい歌声と巡り会えた幸せが『今』にあります」と並々ならぬ思いを明かした。

 5月25日に東京・HMVエソラ池袋イベントスペース、6月12日に大阪・TSUTAYA EBISUBASHIで発売記念のインストアイベントが行われることも決定した。



関連写真

  • ささきいさお
  • ささきいさおの55周年記念シングル「今の向こうの今を」

オリコントピックス