• ホーム
  • 芸能
  • 小山薫堂氏&嵐が熊本応援へ メッセージを一斉放送「一致団結」

小山薫堂氏&嵐が熊本応援へ メッセージを一斉放送「一致団結」

 放送作家・脚本家で熊本県出身の小山薫堂氏(51)が4月30日、自身のフェイスブックを更新。2010年のNHK紅白歌合戦のために、自ら作詞し、アイドルグループ・が歌った楽曲「ふるさと」を使用した、熊本地震復興への新企画を発表した。

 内容は制作した60秒の応援メッセージを、熊本放送、テレビ熊本、熊本県民テレビ、熊本朝日放送の、熊本県の民放4局で、5月1日午後8時53分から1分間、一斉に放送するというもの。

 フェイスブックで小山氏は「ジャニーズ事務所さんにご相談したところ、お力を貸してくださいました」と明かし「熊本の民放4局が一致団結して、同日同時刻一斉放送します」と報告。続けて「熊本日日新聞、ラジオ各社まで加わり、ライバルの壁を越えての展開となってきました」とつづり「こんな時だからこそ、みんな一緒に! …メディアが一丸となる姿勢が、熊本のみなさんの勇気の支えになりますように!」と呼びかけている。

 今月20日には「くまモン募金箱」を柱とした熊本地震復興支援プロジェクト「FOR KUMAMOTO PROJECT」を発表した小山氏。「いただいたお金が生きた支援金になるよう、熊本や大分で活動している人たちと知恵を絞りながら、日々どんどん支援金に回していきます」と復興支援プロジェクトを進めている。



オリコントピックス