• ホーム
  • 映画
  • 劇場版『遊☆戯☆王』に原作のあのキャラも登場

劇場版『遊☆戯☆王』に原作のあのキャラも登場

 原作終了後の新たなエピソードを描く劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』(公開中)に、メインキャラクター以外にも原作に登場したキャラクターが登場し、ファンを喜ばせている。

 原作者の高橋和希氏自ら製作総指揮をとり、脚本を手がけた本作。メインキャラクターの武藤遊戯、海馬瀬人ら、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』のメンバー、城之内克也、真崎杏子、本田ヒロト、獏良了、海馬モクバ、武藤双六、磯野、御伽龍児が登場。

 さらに、「獏良の父」「シャーディー・シン」が劇場版では隠れたキーパーソンになっており、劇場版オリジナルキャラクター「藍神」や「セラ」、「マニ」との絡みに注目。さらに往年のファンにはおなじみの「インセクター羽蛾」、「?ダイナソー竜崎」の登場シーンもある。

 桑原智監督は「やはり、インセクター羽蛾とダイナソー竜崎はファンの間でも記憶に残っているキャラクターで、新型デュエルディスクの発表で、デュエリストが集まる場にいないわけがない」とコメント。一瞬の無駄なくファンを楽しませる作品に仕上がっている。

 きょう30日からの週替わり入場者プレゼントは、劇中で遊戯も使用している「暗黒騎士ガイアロード」。



オリコントピックス