• ホーム
  • おでかけ
  • 【ニコニコ超会議2016】中村獅童×ミク“意欲作”にネット民の反応は 歌舞伎界に新風吹き込む

【ニコニコ超会議2016】中村獅童×ミク“意欲作”にネット民の反応は 歌舞伎界に新風吹き込む

 歌舞伎俳優の中村獅童が、「ニコニコ動画」のコンテンツを地上に再現することをコンセプトにした大規模イベント『ニコニコ超会議』(千葉・幕張メッセ)で、4月29、30日の2日にわたり、バーチャルアイドル・初音ミクと共に新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」を上演した。同作は代表的なボカロ曲「千本桜」と、歌舞伎の人気演目「義経千本桜」を融合させた意欲作。普段あまり歌舞伎に親しみのない層は、伝統芸能とネットカルチャーとの異色コラボをどう見たのか?

【写真】その他の写真を見る


 同作は“千本桜”をキーワードに、今と昔をつないでいく物語。大正百年から始まり、初音未來(ミク)と音海斗(獅童)が3つの時空間をさかのぼっていく。上演は2日間で計5回。会場での動員のほか、今回は歌舞伎の世界では異例のネットライブ中継が行われ、初日の初回公演だけでも3万人以上が視聴した。

 舞台は獅童による口上からスタート。ミクは3Dで投影され、2人はあうんの呼吸で美しい舞いや掛け合いを重ねていく。最新のデジタル技術やアニメーションが駆使され、“戦闘”シーンは迫力たっぷり。また、劇中では、獅童が「ニコニコユーザーのコメントを得て力をなす」といった遊び心あるセリフを放つ場面もあり、まさに新作と呼ぶにふさわしい出来栄えとなっていた。

 ネット中継を見ていたユーザーからは、「そうきたかー!」「これが現代の技術か」といった驚きや、「いい企画だな」「新たな歌舞伎ファンが増えるな」、「8888888888(拍手)」など異色の試みを賞賛するコメントが吹き荒れ、見せ場では「萬屋!」「初音屋!」とそれぞれの屋号も飛び交った。

 初日公演の合間に行われた会見で、獅童は「舞台は本来アナログなものですが、デジタルの世界でも勝負をして、若い方に歌舞伎に興味を持っていただきたい一心でやらせていただいています」とコメント。伝統芸能を次世代へとつなぐ、架け橋の身として熱い思いを語った。

 歌舞伎の魅力を広く発信するため、最近は絵本の名作『あらしのよるに』や、人気漫画『ONE PIECE』とのコラボなど、次々と画期的な試みが行われている。国内外で人気を誇る初音ミクもとい、ネットカルチャーを巻き込んだ今回の試みも、歌舞伎界に風穴を開ける出来事になったことだろう。

【ニコニコ超会議2016 フォトギャラリー】
キュート&セクシーなコスプレイヤーまとめ著名人も降臨! イベントの模様



関連写真

  • 中村獅童×初音ミクが歌舞伎で共演! 『ニコニコ超会議2016』で上演された新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」
  • 中村獅童×初音ミクが歌舞伎で共演! 『ニコニコ超会議2016』で上演された新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」
  • 中村獅童×初音ミクが歌舞伎で共演! 『ニコニコ超会議2016』で上演された新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」
  • 中村獅童×初音ミクが歌舞伎で共演! 『ニコニコ超会議2016』で上演された新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」
  • 中村獅童×初音ミクが歌舞伎で共演! 『ニコニコ超会議2016』で上演された新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」

オリコントピックス