• ホーム
  • 映画
  • 関ジャニ∞の原点が見えた 安田章大の想いが残る場所

関ジャニ∞の原点が見えた 安田章大の想いが残る場所

 関ジャニ∞安田章大が、狂言師・野村萬斎が主演する映画『スキャナー 記憶のカケラを読む男』に出演。公開初日となった29日に、都内で舞台あいさつにに登場した。まずは、「今日から公開ということで、毎日忙しくなると思います。ずーっと観に来てください!」と、集まった観客に笑顔でアピール。野村萬斎はもちろん、共演の杉咲 花、ちすん、金子修介監督と、和気あいあいのトークを繰り広げた。

安田が演じるのは警視庁捜査一課の刑事・佐々部悟。若くしてエリート街道を突き進む佐々部は、あまり感情を表に出すことはないが、事件解決への闘志を静かに燃やす真面目な男だ。野村萬斎演じる、残留思念を読むことができる超能力者・仙石和彦とともに、事件解決に向けて奔走することに。

役作りについて安田は、「台本を読んで、“あ〜、僕、こうなんだぁ……”と思いまして」と苦笑し、自身でも考えるところがあった模様。今後挑戦したい芝居について萬斎が「僕は今回が初の現代劇なんですが、もっとやってみたい」と語ると、安田も「僕は萬斎さんと逆で、時代劇の経験がないのでやってみたいですね。船の上で踊ってみたい!」と、萬斎のかつての役柄を例に出し意気込みを語っていた。

映画で描かれる仙石の超能力にちなみ、“自分の思念が残っていそうな場所”を聞かれると、「マネージャー車。今では増えたけど、昔は1台の車で回っていた」と、かつて1台の車でメンバー全員を順にピックアップしていた、関ジャニ∞の苦労を語る一幕も。「いちばん最初に乗った人は、劇場に着くまで2時間乗ってた。乗り合いで、遠足みたいだったかな。縮こまって乗っていた自分が出てきそうな気がします。当時を思い出すと、ありがたい、今が!」と笑顔を見せていた。

関ジャニ∞は全員が関西出身。彼が語ったのは、地元に住んでいたであろうデビュー前後の話だろうか。安田が言った、メンバー全員を乗せた車の行き先「劇場」は、関ジャニ∞の原点である、大阪・松竹座のことかもしれない。今では個々でも活躍してマネージャー車も増え、バラバラに現場に向かうことが多いだろう。だが、安田の残留思念は、今も全員で乗っていたマネージャー車にある。さりげないトークの中に、関ジャニ∞というグループの根底にある、素朴で大切な思い出が見えた気がした。

ステージでは、かなり天然気味に発言を繰り返す杉咲に、「それ、さっき言ったで!」「どっちでもえーで!」とツッコみ、萬斎や司会のアナウンサーにもちょこちょこ合いの手を入れていた安田。でも、写真撮影の合間に、端で見守るアナウンサーの元へトコトコと歩いていき、ニコニコと小声でしゃべったり、小さくストレッチする様子は、なんだかとってもマイペースで、癒し系。安田が重要な役どころになりそうな映画の魅力はもちろんだが、彼の人となりやバックボーンにも触れることができた舞台あいさつだった。



オリコントピックス