• ホーム
  • 音楽
  • ゆず、初のアジアツアー決定「もう一度初心に」 紋章&新ビジュアル完成

ゆず、初のアジアツアー決定「もう一度初心に」 紋章&新ビジュアル完成

 来年デビュー20周年を迎える人気デュオ・ゆずが、7月から自身初のアジアツアー『YUZU ASIA TOUR 2016 Summer NATSUIRO』を行うことが決定した。ゆずの2人は「『アジアでライブをしたい!』その夢が、デビュー20周年を目前にした今年、ついにかないます」と感激。「もう一度初心に立ち返り、ゼロからスタートする気持ちで、アジアの皆さん大切に僕らの音楽を届けに行きます」と気持ちを新たにしている。

【写真】その他の写真を見る


 同ツアーは、7月9日のシンガポール公演を皮切りに、香港、台湾の3ヶ国・地域で開催。その後、大阪・Zepp Namba、東京・豊洲PITで国内ライブも行われる。ツアーに先駆け、5月20日には最新アルバム『TOWA』の台湾盤がリリースされることから、発売日付近に台湾を訪れ、プロモーションすることも予定している。

 ゆずは「ツアータイトルにもなっている“NATSUIRO=夏色”は、デビュー曲であり、代表曲でもあるので、今回のライブは初めて会う皆さんに観てもらう、自己紹介のようなライブにしたいと思っています」と意気込んでいる。

 初のアジアツアー決定に伴い、制作されていたツアー紋章(エンブレム)「双猿、虹を架ける」も完成。新進気鋭のアーティスト・岡本瑛里氏が油画を描き下ろし、扇を持った猛々しい“猿”をアイコンにし、ゆずが海を渡りアジアへ飛び立つ様を表現した。

 また、アーティスト写真の撮影は、ツアータイトルにも冠されたメジャーデビュー曲「夏色」のミュージックビデオの舞台となった神奈川県鎌倉市の七里ヶ浜で敢行。岡本氏が写真に筆を入れ、「ゆず、南へ」を完成させた。

 両作品について岡本氏は「アジアツアーのアーティスト写真として制作した『ゆず、南へ』では、日本の気候風土から顕現した猿がゆずのお二人を七里ヶ浜から海の向こうへと穏やかに誘い出す様を、紋章『双猿、虹を架ける』では、その猿の力と一体化したお二人が横浜から他のアジアの仲間と出会いに、これまでと、間違いなくこれからもやってくる荒波を越えながら、ライブという祭を背負って跳ね出す様を描いています」と解説した。

■『YUZU ASIA TOUR 2016 Summer NATSUIRO』
7月9日(土) シンガポール・*SCAPE The Ground Theatre
7月12日(火): 香港・E-max Music Zone
7月16日(土): 台湾・ATT SHOW BOX
7月17日(日): 台湾・ATT SHOW BOX
7月25日(月): 大阪・Zepp Namba
7月26日(火): 大阪・Zepp Namba
8月2日(火): 東京・豊洲PIT
8月3日(水): 東京・豊洲PIT



関連写真

  • 初のアジアツアーが決定したゆずが紋章(左)&新アーティスト写真(右)を公開
  • 新アーティスト写真「ゆず、南へ」(岡本瑛里氏加筆)
  • ツアー紋章(エンブレム)『双猿、虹を架ける』(岡本瑛里氏・画)
  • 初のアジアツアーが決定したゆず

オリコントピックス