• ホーム
  • 芸能
  • バレエダンサー・首藤康之、松本潤主演ドラマで“父親役”

バレエダンサー・首藤康之、松本潤主演ドラマで“父親役”

 バレエダンサーの首藤康之が、TBS系ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(毎週日曜 後9:00)で主演の松本潤)が演じる深山大翔の父親役で出演することが28日、わかった。深山が刑事事件や“事実”にこだわる理由など、物語が進んでゆく中で徐々に明らかにされる、謎めいた生い立ちと私生活に深く関係する“重要な役割”を担う。第3話より登場する。

 初回15.5%でスタートし、第2話で 19.1%と番組平均視聴率が3.6%もアップした同ドラマ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。松本、榮倉奈々香川照之らが演じる弁護士と、片桐仁マギー渡辺真知子らが演じるパラリーガルによる、斑目法律事務所の刑事事件専門チームが、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残り0.1%に隠された事実を追い求める姿を描いていく。

 瀬戸口克陽プロデューサーは「松本潤さん演じる深山が持つ、強烈な目力と飄々(ひょうひょう)としたしなやかさを同様に兼ね備え、短い登場シーンの中でも強烈に印象を残していただけるのは、バレエダンサー界で圧倒的な存在感を発揮されている首藤さんしかいない、と出演をお願いしたところ快諾していただけました」と起用理由を述べている。



オリコントピックス