• ホーム
  • 芸能
  • 『パッコロリン』新企画は対話型 3きょうだいとお話できる

『パッコロリン』新企画は対話型 3きょうだいとお話できる

 NHK・Eテレで放送されている1分間のアニメーション番組『パッコロリン』(月〜土 前 8:24〜8:25)。まる・さんかく・しかくの顔かたちをした元気な3きょうだいコロン(CV:折笠愛)・リン(CV:かないみか)・パックン(CV:水沢史絵)が、楽しく遊ぶ中から、いろいろな小さな発見をし、心の成長を育んでいく内容で、観た後に幸せな気分になれると評判だ。

【写真】その他の写真を見る


 昨年度は「パッコロリンマーチ」「ハイ・ハイ・ハッピー!」「めをとじたら」の3曲を制作、歌とエピソードを組み合わせた構成のミュージカル展開を図ったが、今年度は「インタラクティブ(対話・双方向)」がテーマ。

 パッコロリンの3人が、テレビを見ている子どもたちに向かって毎回さまざまなアプローチをしていく。呼びかけに対して子どもたちがリアクションできるよう工夫されており、あたかもテレビの中のキャラクターと会話しているような体験ができる。

 新企画は全10作品。5月23日〜27日に5作品放送、9月中旬に残り5作品を放送予定。



関連写真

  • (左から)コロン、パックン、リン(C)NHK・NED
  • 新企画ではパッコロリンと会話しているような体験を満喫できる(C)NHK・NED
  • 左からコロン、パックン、リン
  • NHK・Eテレ『パッコロリン』新企画を5月23日〜27日に放送(C)NHK・NED

オリコントピックス