• ホーム
  • 映画
  • フル3DCGアニメーション映画『GANTZ:O』10・14公開

フル3DCGアニメーション映画『GANTZ:O』10・14公開

 実写映画化もされた奥浩哉氏の人気SFアクションコミック『GANTZ』の新プロジェクトとしてフル3DCG長編アニメーション映画『GANTZ:O(ガンツ:オー)』が、10月14日に公開されることが28日、明らかになった。奥氏は「僕が多分世界一楽しみにしています」とコメントを寄せている。

 今作では、死んだはずの人間たちと謎の星人との壮絶な死闘を描いた原作漫画の中でも人気のエピソード「大阪篇」を映像化。人間VS凶悪・強烈な「妖怪軍団」が大阪の街で繰り広げる死闘を描く。

 テレビアニメ『TIGER & BUNNY』やフル3DCGアニメーション映画『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』を監督したさとうけいいち氏が総監督を務め、監督に『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰氏、脚本は『ストロベリーナイト』『LIAR GAME』など多くの実写作品で緻密でシリアスな傑作を手がけ、『ONE PIECE FILM GOLD』(7月23日公開)にも起用された黒岩勉氏が担当。アニメーション制作は実写版『GANTZ』シリーズのVFXを担当したデジタル・フロンティアが行う。

■公式ホームページ
http://gantzo.jp
■GANTZポータルサイト
http://gantzx.jp

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス